福山雅治、TAMA映画賞を受賞「ラストレター」で少年時代役の神木隆之介に感謝「何かおごります」

最優秀男優賞のトロフィーを持つ福山雅治

 俳優で歌手の福山雅治(51)が29日、都内で行われた第12回TAMA映画賞授賞式に出席し、「ラストレター」(岩井俊二監督)、「マチネの終わりに」(西谷弘監督)で最優秀男優賞に選ばれた。

 トロフィーを受け取った福山は「こういった賞は久しぶりなので、本当にうれしいです。トロフィーは、こんなに重いのか。この重みを感じながら、晩酌するのを楽しみにしています」と笑顔であいさつ。「ラスト―」で自身が演じた小説家の少年時代を神木隆之介(27)が演じたことに触れ「神木くんと僕でいただいた賞。神木くんに何かおごります」と約束した。

 司会者からミュージシャンと俳優両面で活躍する利点を聞かれ、「ライブでカメラに向かって目線を向けたり、指をさしてみたり、それが恥ずかしげもなくできることが役立っているのかな」と冗談交じりに明かした。今後の抱負は「50になり、30周年を迎えて、もっと余裕ができるかと思っていたのですが、全然ですね。今後も貪欲に仕事をしていきたいと思います」と力を込めた。

 ほかに水川あさみ(37)、濱田岳(32)、宮沢氷魚(26)、松本穂香(23)、森七菜(19)らが受賞した。

関連記事(外部サイト)