森七菜、移籍騒動渦中も笑顔で主演映画イベントに登場「“いつでもスマイル”してますよ」

冒頭で挨拶をするSix TONESの松村北斗。右は森七菜

 女優の森七菜(19)が20日、都内で無観客で行われたSixTONESの松村北斗(25)とダブル主演する映画「ライアー×ライアー」(2月19日公開、耶雲哉治監督)の完成報告イベントに出席した。大手芸能プロダクション「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」との移籍交渉が明らかになってから初の公の場。普段通りの笑顔で「たくさん、この映画の魅力が伝われば」と公開を待ち望んだ。

 劇中では、松村演じるクール系モテ男と両親の再婚によって同居することになった義理の姉弟という役どころ。恋愛経験ゼロの地味系女子大生でありながら、友人の頼みでギャル高校生になるという対極な“1人2役”に挑んだ。「今どっちだっけ?って、頭がごちゃごちゃになって髪の毛を見て確認することもありました」と撮影の苦労を振り返った。

 イベントでは、ストーリーにちなんだ表と裏の顔をテーマにしたトークも繰り広げた。森は「“表の顔”は、どういう風にみられているのか。“いつでもスマイル”してますよ。それを心がけています」と大塚製薬「オロナミンC」CMで歌った楽曲のフレーズを使って笑顔。“裏の顔”は「私もシーンによっては、めちゃくちゃ無口、何も宿っていない風に見られるところもある。演出していただいているときも、余りに脳みそで考えすぎて、脳みそで返事していたみたいで『大丈夫?』って言われたり」と独特な言い回しで表現した。

 森の移籍を巡っては、14日に公式インスタグラムのアカウントが削除され、同日中に前所属事務所「アーブル」公式サイトのタレント一覧からも名前が削除されたことで騒動となった。その後、SMAは「現場をサポートさせていただいていることは事実です。今後のことは整い次第ご案内させていただきます」と移籍調整中と認めたものの、いまだ正式発表には至っていない。

 森サイドは昨年12月に前事務所に対して契約解除を申し入れた。契約は今年以降もまだ残っていたというが、申し入れから、まだ1か月余りの今月には、すでに関係各所に前事務所と契約終了したことが通達。その間、関係者の間で今後の仕事の顔合わせを“ドタキャン”するなどの異変も話題となっていた。現在はSMAとの契約の細部を調整しているとみられ、今後も動向が注目される。

関連記事(外部サイト)