お弁当SNSが話題の渡辺美奈代、おうち時間楽しむコツは「愛情」…インタビュー

「おニャン子クラブ」のニャンニャンポーズをとる渡辺美奈代

 元「おニャン子クラブ」のメンバーで、タレントの渡辺美奈代(51)がこのほど、スポーツ報知のインタビューに応じた。ブログやインスタグラムなどで、手作りするお弁当やインテリア、DIYなどをハッピーにつづる様子が読者の共感を集め、アクセスランキングが常に上位を誇るカリスマ的な存在。コロナ禍による再びの緊急事態宣言下において、自宅で過ごす機会が多くなっている昨今、“おうち時間”に必要なのは「愛情」と語った。

 お気に入りのインテリアや高2の次男のために毎日手作りするお弁当など、日々投稿される日常の写真が話題の渡辺。しかし当の本人は人気の秘訣について「なんでなんでしょうね? 普通に、日常で行ってきていることなので…」と心底不思議そうに話す。

 15年目に入ったブログは育児の記録としてつけ始めた。「子どもの成長を書くのにはいいかなと思って始めたんです。アナログ人間だったから、自分でパソコンを打つことができないところから始めて。『このキーが改行』とかノートに書き留めるところからスタートしましたけど、いまはもう慣れたもの。朝、目が覚めたら空を撮って投稿、お弁当を作って(ブログ)上げて。もはや生活の一部です」

 反響を集めている食事の写真は、栄養や彩りだけでなく、レンコンが花型になっていたり、さりげなく飾り切りがしてあったりと、暮らしの美しさを感じさせるものだ。「元々、お料理は全くできなかった。子供が生まれて、離乳食からのスタートで…」と話すが、お弁当作り歴は実に20年。今では「下の子が来年には高校卒業。あと1年と思うと寂しい」と一日一日をかみしめながら作っている。

 「お料理は苦手だった私が、どうにかこうにかやってこられた。ブログを通じて、苦手でも大丈夫だってことが伝わればいいな」と話すが、お弁当作りのポイントを聞くと「食べてくれる人がいること」と即答する。「喜んで食べてくれている限りは作ろうかなって。いつ何時でも時間があると献立を考えてます。夕飯とお昼のお弁当が似ちゃったりしないように、とか…」

 おうち生活の根底にあるのは家族への「愛」だ。愛があるからこそ、コロナ禍も前向きにとらえている。「もちろん、お仕事としては恒例のバースデーライブが配信になったり、ディナーショーがなくなったり、大変なこともあるんですけど。でも後ろばかり見ていてもしょうがない。逆に、家族の生活スタイルがバラバラになってきていたけど、(外出自粛で)一緒にいる時間や会話も増えた。DIYで家の壁紙を張り替えたり、家庭菜園でレモンやハーブを育てたり…。息子たちは料理やストレッチを手伝ってくれる。大変ではあったけれど、家族の実感が持てたことは良かったなと思っています」

 タレントと主婦業の2足のわらじ。スケジュールは朝からギッシリ詰まっている。「朝5時半に起きてお弁当を作って、7時半までに下の子を送り出します。そのあと掃除機をかけたり、洗濯したり、自分のことも。お昼までの時間にお買い物を終わらせて、午後にお仕事を。夕方になると午前中に買った食材をデリバリーで届けてもらって、食事を作ります。上のお兄ちゃんは仕事で帰りが遅いので、夜11時ぐらいにもう一度ご飯の支度をしていると、就寝は深夜1時とか…」。目が回るような忙しさだが「アイドル時代の方が寝ていなかった」と笑い飛ばす。

 「元々は、姉の後ろに隠れている引っ込み思案な女の子だった」と話すが、スカウトされオーディションを受けると、あれよあれよと「おニャン子クラブ」の中心メンバーに。「今はそんなことはないのでしょうか、当時は朝までレコーディングして、すぐシャワーを浴びて学校に行くような生活。授業中はほとんど寝ていました。熱があっても点滴を打ちながら現場に行ったこともあった」。昭和のアイドルの舞台裏はかなりハードだった。

 だからこそ、母になり、2人の息子も芸能活動を始めた今、思うことがある。「子供たちの健康管理をしていると『うちの両親はどう思ってたんだろう。心配だっただろうな』と考えちゃう。もちろんちゃんと安心して東京の事務所に預けてくれていたんですが、(多忙で)連絡が来ないってそれだけで気がかりだっただろうなって…」。もらった愛情のバトンを受け継ぎ、家族を大切に思う「おうち生活」を送ることは、時を超えた親孝行につながるのかもしれない。

 SNSの発信には常に批判や炎上、マウンティングの可能性がつきまとうが、渡辺自身は「あんまり私は気にしてないです。だって自分の暮らしだし」といたって自然体だ。「そもそも誰より上とか下、とかってないですよね? やりたいことをやって、会いたい人に会いに行く。毎日ナチュラルに笑顔に過ごすことが、自分らしく生きることだと思っています」

 ◆渡辺 美奈代(わたなべ・みなよ)1969年9月28日、愛知県生まれ。51歳。85年、フジ系「夕やけニャンニャン」のオーディションに合格し、おニャン子クラブに加入。会員番号は29番。86年のデビューシングル「瞳に約束」からの5作連続オリコン1位は当時の女性歌手新記録となった。96年に結婚。長男の矢島愛弥、次男の矢島名月もタレントとして活動。

関連記事(外部サイト)