アラ50女性3人が春ドラマを品評!“恋愛もの”は食傷気味!?

アラ50女性3人が春ドラマを品評!“恋愛もの”は食傷気味!?

アラ50女性3人が春ドラマを品評!“恋愛もの”は食傷気味!?の画像

続々とスタートしている春ドラマ。4月20日現在、放送が開始したもので最も高い視聴率を記録したのは、玉木宏主演『桜の塔』(テレビ朝日系・木曜よる21時〜)で13.5%。続いて井ノ原快彦主演『特捜9 season4』(テレビ朝日系・水曜21時〜、13.2%)、内藤剛志主演『警視庁・捜査一課長 season5』(テレビ朝日系・木曜20時〜、12.8%)が高視聴率を記録した(視聴率はビデオリサーチ調べ)。

いずれも“テレビ朝日系×刑事もの”。その根強い人気が明らかになったかたちだ。

しかし、「まだまだ“大人女子に刺さる”ドラマはたくさんあります」と話すのは、アラ50ドラマウオッチャーの田幸和歌子さんとさっちゃんはね♪さん。本誌記者も合わせアラ50女性3人で、今春ドラマについて語り合った。

記者「刑事ものはいまだ定番として人気を誇っていますが、同じく定番だった医療系がめっきり減って、編集者や作家・ライターを主人公に据えたドラマが多いように感じます」

田幸「コロナ禍で病院への取材が不可能に近いですから、比較的取材のしやすい出版社が舞台になることは必然かもしれません。昨今は漫画原作のドラマも多いですし、テレビ局と出版社の関係は密接にあるのでしょう」

さっちゃんはね♪(以下、さ♪)「雑誌の編集部って、華やかな職場というイメージがあるだけでなく、さまざまな人たちとつながる“窓”でもありますよね。よくある『広報部』という舞台設定もこれに近いですが、さまざまな人間関係が描きやすいのかも」

3人の話題は、今期も目白押しの“恋愛ドラマ”にーー。

記者「北川景子さん主演の『リコカツ』(TBS系・金曜22時〜)を楽しみにしていましたが、永山瑛太の自衛隊員の“クセ”がキョーレツ(笑)。『愛の不時着』のような演出は、見ているこっちが恥ずかしくなってしまいました」

さ♪「石原さとみさん主演の『恋はDeepに』(日本テレビ系・水曜22時〜)はよくも悪くもベタな恋愛ものですが、みんなの見たい綾野剛さんのカッコよさは、もうちょっと違うのでは(笑)。TBSの人気枠である火曜22時の『着飾る恋には理由があって』(主演は川口春奈)は、同じ放送枠だった『恋はつづくよどこまでも』(’20年)路線。でも正直、アラ50には、胸キュンストーリーはもうおなかいっぱいかな……(汗)」

田幸「“恋愛ものはちょっと”という人におすすめなのが、中村倫也さん主演の『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系・月曜23時6分〜)。中村さんが劇中最後に珈琲を入れる姿は、原作ファンも待望したシーン。中村さんのたたずまいは、胸キュンを超えた癒しを与えてくれます」

いっぽう、菅田将暉ら若手俳優が集結した『コントが始まる』(日本テレビ系・土曜22時〜)は、全一致で“安心して見られるドラマNo.1”との意見が。

田幸「メインキャスト4人(菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀)は、全員’93年生まれ。俳優の世代交代を感じてしまうけれど、実力派ぞろいで楽しめています」

さ♪「菅田さんの、棒読みのような淡々としたナレーションがおもしろくて。正体をつかめない感じが、さらに期待を大きくしてくれますよね。有村さんの妹役の古川琴音さんも、菅田さんと共演歴のある注目株だと思います。平成生まれの若手俳優たちには、思いっきり笑って泣かせてもらいたいですね」

「女性自身」2021年5月11日・18日合併号 掲載

関連記事(外部サイト)

×