伊藤英明が見せた米移住4年の進歩 英語力ゼロから通訳不要に

伊藤英明が見せた米移住4年の進歩 英語力ゼロから通訳不要に

伊藤英明が見せた米移住4年の進歩 英語力ゼロから通訳不要にの画像

太い腕にタトゥーを入れた外国人男性らが集まるなか、ひときわ目立っていたのがスーツ姿の伊藤英明(45)だった。

本誌が彼を目撃したのは5月中旬、東京の湾岸エリア。

「ハリウッドの制作会社が手がけているドラマ『ROCK BRIDGE』(原作『TOKYO VICE』)のロケが行われました。山下智久さん(36)も日本人ホスト役で出演していますが、伊藤さんは刑事役です」(ドラマ関係者)

巨額予算を投じているプロジェクトで、日本人はほかにも渡辺謙(61)らが出演。この日も30台近くの車が広大な空き地に集められ、ド派手なカーチェイスが繰り広げられた。

ドラマ関係者が続ける。

「撮影スタッフはハリウッドから来た人間と日本人が半々ぐらいです。伊藤さんはアメリカ人のスタッフとも、通訳を介さずに細かい部分まで打ち合わせをしていました。英語もかなり自然なイントネーションでしたね」

伊藤にとってハリウッド進出は長年の悲願だったが、具体的に行動を起こしたのは4年ほど前になる。

「まずは’16年秋からアメリカの学校で英語を学んでいました。“語学留学”とはいえかなり本気で、妻や’15年に生まれたばかりの長男もいっしょに渡米しています」(芸能関係者)

■アメリカ移住から帰国した2つの理由

’20年1月に放送されたバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)では、家族で送っているアメリカ移住生活についても明かし、渡米のきっかけについては次のように語っていた。

「子供と過ごす時間を増やしたいと思って。思い立ったらすぐ行くタイプなんで、ゼロ英語で」

しかしそれから1年、伊藤一家は現在、日本に戻ってきているという。

伊藤の仕事関係者によれば、

「帰国の理由は2つ、日本での仕事のスケジュールが入っていたことと、アメリカでコロナが猛威を振るい始めていたことだそうです。

ただ伊藤さん本人はアメリカ移住をあきらめたわけではありません。彼が目指しているのは、ハリウッドでの真田広之さんのような“アクションもできる日本人俳優”というポジションです。

昨年還暦を迎えた真田さんは、アメリカで4月に公開された映画『モータルコンバット』で忍者を演じています。伊藤さんも殺陣や格闘技の鍛錬に毎日のように励んでいます」

再び家族でアメリカへ――、伊藤の不屈の日々は続いている。

関連記事(外部サイト)