高岡早紀“自称28歳”の魔性!母子関係で見えた素顔は?

高岡早紀“自称28歳”の魔性!母子関係で見えた素顔は?

高岡早紀“自称28歳”の魔性!母子関係で見えた素顔は?の画像

好きな男を独占するために、周囲の人間を次々と手にかけ、ついには愛したはずの人まで殺してしまう。そんな純粋すぎる狂気を持つ雨宮リカが、映画『リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜』(6月18日公開)で帰ってくる。

ドラマ版から引き続き、恐ろしくも美しい純愛モンスターを演じる高岡早紀(48)はリカの魅力をこう語る。

「とにかく愛について真剣でぶれないところはすごいなって思います。彼女に迷いがないからこそ、私もいろいろ複雑に考えず、潔く演じられました」

リカの潔さは「自称28歳」を貫き通すところからも感じられる。実際に年齢不詳の美しさを誇る高岡が演じているからこそ、嘘か真かわからない不気味さが際立っているように思えるが、実の娘の反応は少し違うものだったようだ。

「ドラマを見ていた娘が、『雨宮リカ、28歳です』ってセリフを聞いたとたんに目を丸くして。『ママ、そんな若い役やってるの?』なんて言うんです(笑)。私自身は、この一言で視聴者の方の心をどれだけつかめるかが決まると思って、すごく大切に演じたんですけどね」

そんな高岡家の自然体な雰囲気は、リカが夢見る温かい家庭像そのもの。なにか円満の秘訣はあるのだろうか。

「コミュニケーションを欲してるときに我慢しないことかな。酔っ払った勢いで寝てる息子の上にダイブしたり。逆に息子も私の部屋で寝てたりするし。あ、“話しすぎ”ってまた怒られちゃうかも(笑)」

関連記事(外部サイト)