高嶋政宏語った忠夫さん亡き後の兄弟仲「母とも政伸の話しない」

高島忠夫氏死去で高島家は散り散りか 高嶋政宏は高嶋政伸についても語る

記事まとめ

  • 高島忠夫氏の三回忌だった6月26日、墓には鮮やかな花々が供えられていた
  • 忠夫氏の妻・寿美花代や息子の高嶋政宏と高嶋政伸は、墓に姿を見せなかったという
  • 政宏は23日に墓参りしたことと、母とはコロナのせいで離れている状態であると語った

高嶋政宏語った忠夫さん亡き後の兄弟仲「母とも政伸の話しない」

高嶋政宏語った忠夫さん亡き後の兄弟仲「母とも政伸の話しない」

高嶋政宏語った忠夫さん亡き後の兄弟仲「母とも政伸の話しない」の画像

神奈川県川崎市にある霊園で、ひときわ目を引く夏らしい鮮やかな花々が供えられた墓。曇天に包まれた6月26日、この日は高島忠夫さん(享年88)の三回忌だ。

少ししおれた花の様子から、命日の数日前に供えられたことがうかがえる。

芸能界屈指の仲よしファミリーとして知られた高島家。しかしこの日、忠夫さんの妻・寿美花代(89)をはじめ、息子の高嶋政宏(55)と高嶋政伸(54)が墓に姿を見せることはなかったーー。

さらに、今も寿美が暮らす忠夫さんの都内の自宅近くに住む住民は本誌にこう打ち明ける。

「三回忌当日、花代さんは自宅にいたそうですが、訪ねてきたのは法要のために呼んだお坊さんとヘルパーさんだけだと聞いています。政宏さんと政伸さんは最後まで来なかったそうです」

’98年にうつ病を発症し回復後もパーキンソン病を患うなど、病気と闘いながら老衰でこの世を去った忠夫さん。それから2年、高島家は2つの問題を抱えている。

ひとつは寿美の“介護”。忠夫さんが亡くなった際、寿美の体調があまりよくないことを本誌に明かした政宏。そして、一部週刊誌では寿美を気遣い、忠夫さんの自宅敷地内にある別邸で夫婦そろって暮らしていることを告白していた。

しかし、この2年で“母子同居”に異変が生じているという。

「忠夫さんの四十九日法要の際、花代さんは体調が悪く参加できなかったのですが、政宏さんが代わりに切り盛りするなど、そばで支えているようでした。

しかし最近は別邸で生活している様子はなく、ここ半年ほどは姿も見かけず、ヘルパーさんが花代さんの面倒を見ている状況です」(前出・近隣住民)

そしてもうひとつの問題が、政宏と政伸の確執だ。

「かつてはよく家族4人で共演していましたが、’13年を境に政宏さんと政伸さんの共演はゼロに。兄弟共演のオファーがあっても2人ともかたくなに断り、事務所の懇親会で同席しても会話すらしなかったそうです」(芸能関係者)

忠夫さんが亡くなる少し前、政宏は本誌に「兄弟って本当にいろいろ難しい」と打ち明け、逝去後のイベントでも「確執はあります」と“公認”する事態に。そして、2人の兄弟共演はいまだにないまま……。

■「母とは半年以上会えていない…」

忠夫さんという大黒柱を失ったことで、高島ファミリーは散り散りになってしまったのだろうか。真相を確かめるべく、三回忌から数日後の7月初旬。本誌は政宏に話を聞いた。

ーー三回忌当日、なぜいらっしゃらなかったのですか?

「26日は仕事でどうしても無理だったのですが、三回忌法要は日にちを過ぎてからではダメなので、23日にお墓参りをしました。お墓を奇麗に磨いて、僧侶の方にお経も上げていただいています。そのうえで、当日にも実家でお経を上げてもらうようお願いしました」

大雨の中、傘を差しながら淡々と答える政宏。現在も“母子同居”を続けているのだろうか。

「実は、母とはコロナのせいで泣く泣く離れている状態なんです。今は仕事で撮影現場に行くたびにPCR検査をしているような状況ですし、その場では陰性でもいつ感染しているかわからないじゃないですか。母も高齢ですから、万が一のことを思うと心配なので離れて暮らしています。もう半年以上も会えていませんね……。

家には介護スタッフさんに来ていただいているので、おかげさまで母もたまに散歩に出るくらい元気にしているようです。電話でしょっちゅう話していますし、いまのところは安心しています」

コロナ禍で“涙の家族別居”を決断していた政宏。政伸との仲についても尋ねると、頭を抱えながら、語り始めた。

「うーん、連絡は取ってないんです。政伸も仕事が忙しいし……」

ーー三回忌でも連絡は取り合わないんですか?

「うちは元々、昔からそれぞれが“個別”っていう考え方なんです。いまはお互い家庭を持つ身ですし、そっちの生活がメインですから余計にですね。実家の仏間に集まるのも、うまくスケジュールが合えば、くらいの感覚。母とも政伸の話は一切していません。

でも父の生前はほとんど集まることもありませんでしたが、今はお坊さんのことで集まったりするようにはなったんですよ。そこは兄弟家族、気持ちはわかっているつもりです」

そう言って仕事に向かった政宏。天国の忠夫さんも残された妻のために兄弟の連携を望んでいるに違いないーー。

関連記事(外部サイト)