エスパー伊東引退で芸術家転身「絵心も高能力だった」と話題

今年で芸能界引退のエスパー伊東、元々は漫画家志望? エスパーの絵にネット民驚き

記事まとめ

  • エスパー伊東が12月22日、今年限りで芸能界を引退すると自身の公式ブログで発表した
  • 股関節の状態が悪く、この状態では芸を披露できないため、引退するという
  • 少年ジャンプなどでアシスタントをしていたため、絵を見たネット民から驚きの声も

エスパー伊東引退で芸術家転身「絵心も高能力だった」と話題

エスパー伊東引退で芸術家転身「絵心も高能力だった」と話題

エスパー伊東引退で芸術家転身「絵心も高能力だった」と話題の画像

エスパー伊東(57)が12月22日、今年限りで芸能界を引退すると自身の公式ブログで発表した。

文中で「かねてより股関節の状態が悪く、ここに来て動かすことが困難になってきました」と明かしたエスパー。「このような最悪の状態の中で芸を披露することはできないと思い、今回、芸能活動から引退をすることを決めました」と経緯について綴っている。

続けて「実家の真鶴に戻り、股関節の治療、また、手術等も考えております」と記し、「応援して頂きましたファンの皆様、また長年お世話になりました関係者皆様とお別れするのは大変に心苦しく悲しいですが、ひとまずここで、区切りをつけようかと思います」と語っている。

「“高能力芸人”を謳うエスパーさんは90年代、ボストンバッグの中に体を収める芸や無謀なチャレンジで大ブレーク。近年は、主に結婚式の余興を仕事の場としていました。その人気ぶりは凄まじく、年収は2,000万円近くなることもあったそうです」(テレビ局関係者)

エスパーは引退発表の文面で今後について、「芸人はやめますが、細々ながら芸術家はまだ続けていこうと思っています」と綴っている。

「実は、エスパーさんはもともと漫画家志望。『少年ジャンプ』やタツノコプロでアシスタントの仕事をしていました。そのデッサン力が評価され、図鑑に絵が採用されたことも。公式ホームページでも絵が掲載されており、その才能ぶりがうかがえます」(前出・テレビ局関係者)

ネットでは、その絵を見た人々から驚きの声が。

《気になりサイトへ行き、初めてエスパー伊東が絵を描いている事を知ったけど、それがまた素敵だった》
《えッ?エスパー伊東ってこんなに絵上手いの?マジもんの芸術家の絵やん》
《エスパー伊東、絵心も高能力だった》

かつて漫画家の夢を諦めたエスパー。しかし今後はその夢を追いかけ、画家としての人生を歩むことになるかもしれない。

関連記事(外部サイト)