シバター 敗訴で「275万円払えない」と主張も貯蓄額は2億円…裁判結果を利用したPRに冷ややかな声

シバター 敗訴で「275万円払えない」と主張も貯蓄額は2億円…裁判結果を利用したPRに冷ややかな声

シバター 敗訴で「275万円払えない」と主張も貯蓄額は2億円…裁判結果を利用したPRに冷ややかな声の画像

YouTuberのシバター(36)が5月25日に投稿したYouTube動画が、波紋を呼んでいる。動画内に「パチンコチャンネル撮影中」というテロップが映し出されるなか、スタッフから「敗訴」と書かれた紙を受け取ったシバター。

「何これ?」と問うシバターに、スタッフは「ネットニュース見てないの?」と質問。するとシバターは、スマホで自身について報じられているニュースを検索。そして「『動画見るな』ボイコット運動のYouTuberに賠償命令 東京地裁」と題された記事を読み上げ、「これ、裁判負けとるやん」と言い放ったのだった。

「シバターさんは’20年4月、緊急事態宣言の発令によってパチンコ店に休業要請が出されていたなか、パチンコ動画を配信するYouTuber・桜鷹虎さんを批判する動画を投稿。シバターさんは桜鷹虎さんについて『再生数を買っている』と言ったり、動画を見ないように呼びかけたりしたといいます。

シバターさんの動画を受けて桜鷹虎さんは、誹謗中傷や営業妨害をされたとして刑事告訴と300万円の損害賠償を求めて民事訴訟を起こしました。桜鷹虎さんは昨年8月に投稿した動画内で、シバターさん側から“示談の申し入れがあったが断った”とも明かしています。

刑事事件では不起訴となりましたが、民事事件ではシバターさんが敗訴。『自由競争の範囲を逸脱し悪質』だとして、275万円の支払いが命じられたと報じられています」(パチンコ業界関係者)

自らの行いによって提訴され、敗訴したシバター。しかし動画では反省ぶりは見られず、「刑事の方は不起訴だったんだよ。民事の方でこんなに取られる?」「300万円の内、275万円ってほぼ(全額)じゃん」とも発言。

さらにシバターは「ありえない。そんなハズじゃない」と言い、「払えねぇよ。そんな金ねぇよ。どうするんだよ」と打ちひしがれる姿も映し出された。

するとスタッフが「これで300万稼げばいいじゃない」と言い、シバターの著書『なぜ燃やすのか シバター伝』(KADOKAWA刊)を差し出した。

本を受け取ったシバターは著書の宣伝をし、「みなさん、このままではシバター275万円払えません! みなさん、この本をどうか買ってください! 人助けだと思って買ってください」と大泣きする素振りを見せたのだった。

■シバターが明かしていた貯蓄額は2億円

「払えない」と何度も繰り返したシバターだが、果たして本当だろうか?

「シバターさんは今年4月に配信したYouTube動画で、『現在の貯蓄額は約2億円』と明かしていました。最近では山口県阿武町による給付金の誤振込み問題に言及し、田口翔容疑者に“4630万円で10年間雇ってやる”とも呼びかけていました。

シバターさんは賠償金について『払えない』『そんな金ない』と訴えていましたが、その金額をカバーできるくらいの貯蓄や収入があることを自ら明かしています。そのため、“著書を宣伝するために敗訴を利用した”と思われても仕方がないでしょう」(ITジャーナリスト)

シバターの渾身の訴えとは裏腹に、ネット上では冷ややかな声が上がっている。

《まずは「すいませんでした」では…》
《敗訴までネタにするとかメンタルすごすぎ。金はあるだろうから払えないことはないだろうけど、ほんとメンタルすごいなぁ》
《「払えねえよ」の前に言うべきことはないのか? 不法行為を簡単に配信できてしまい、それに敗訴した事を面白おかしく配信もできてしまうというのはおかしい。こういう行為の一つ一つがYouTuberという名前を傷つけその社会的な地位を貶めていくことに本人たちは気づいていないんだろうか》

関連記事(外部サイト)