海老蔵 イメージ大暴落で襲名披露の収入3億円が激減危機…松竹は“染五郎シフト”へ

海老蔵 イメージ大暴落で襲名披露の収入3億円が激減危機…松竹は“染五郎シフト”へ

海老蔵 イメージ大暴落で襲名披露の収入3億円が激減危機…松竹は“染五郎シフト”への画像

「5月31日、團十郎襲名興行を今年の11月と12月に行うことが正式に発表されました。昼夜二部制での上映になるといいます」(梨園関係者)

日本一の大名跡、第十三代市川團十郎白猿の襲名披露興行に向け準備中の市川海老蔵(44)。5月22日には、東京スカイツリータウン開業10周年の記念として、634メートルの頂上部から、病魔をはらう成田屋ゆかりの“にらみ”を披露したばかり。

「海老蔵さんが『暫』を演じた5月の歌舞伎座『團菊祭』第二部は全席完売。7月の大歌舞伎では長女・市川ぼたんさんの歌舞伎座初お目見えも発表されました。本来なら’20年5月から始まるはずだった襲名披露の“前祝い”といったところでしょう」(前出・梨園関係者)

ところが『週刊新潮』6月2日号によれば、歌舞伎の興行主である「松竹」は今後、海老蔵に代わってまだ17歳の八代目市川染五郎に力を入れるというのだ。別の梨園関係者はこう語る。

「6月の歌舞伎座第二部で、染五郎さんが主演を演じます。織田信長に謀反を疑われ、21歳の若さで自刃する徳川信康役です。歌舞伎役者にとって、10代は派手な役の少ない難しい時期なんです。それだけに『信康』は特別。26年ぶりの上演となる『信康』を前回演じたのが、くしくも新之助時代の18歳の海老蔵さんでした。海老蔵さんより1年早く抜擢したことからも、松竹が染五郎さんに大きな期待を寄せていることは明白です」

前出の梨園関係者によれば、海老蔵と松竹の間に不協和音が生じたのは2年前のことだという。

「コロナで全公演が休演に追い込まれた松竹は、ある幹部が出演料の高い役者さんにギャラの引き下げをお願いしたそうです。大多数の役者さんが応じたものの、海老蔵さんは認めなかったといいます。海老蔵さんには約20億円ともいわれる親の借金を松竹に肩代わりしてもらった恩義がありましたが、すでに完済。そのため自分の主張は曲げず『松竹の言いなりにならない』という意識が強いようです」

松竹としても、もはや言うことを聞かない海老蔵に頭を下げるより、新たなスターを育てたほうが早い。そこで染五郎に白羽の矢を立てたというのだ。

■十三代目團十郎襲名披露興行収入は50億円に達すると見込まれていたが…

「松竹の幹部は、染五郎さんの色気を絶賛して高く評価しています。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の義高役で、のべ5話しか登場していなかったのに“義高ロス”と騒がれた彼の人気を放っておくわけはありません。今後も主役級に起用する考えだといいます」(前出・梨園関係者)

松竹サイドの“義高シフト”はすでに海老蔵の耳に入っていたようだ。後援会関係者は言う。

「海老蔵さん本人も、染五郎さんが次世代を担える人気と実力があることは知っています。ただ、市川宗家である自分を差し置いて、歌舞伎座での『信康』初主演“最年少”記録を塗り替えた松竹サイドの意向を正直、面白くは思っていないようです」

イラ立ちを見せる海老蔵がさらに焦っているのは、襲名披露の“ご祝儀”が当初の予定より集まらないことだという。

「37年前の十二代目團十郎襲名は昭和の歌舞伎界の最大のイベントでした。通常の襲名は1〜2カ月なのに対し、異例の3カ月間にわたって行われ、大幹部が2列にならぶ豪華絢爛な口上見たさに観客が連日殺到。総額30億円興行といわれました。そのため、当初は海老蔵人気を当て込み、十三代目團十郎襲名披露興行収入は50億円に達すると見込まれ、うち海老蔵さんの実収入は約3億円といわれていました」(前出・後援会関係者)

そんな皮算用のなか、襲ってきたコロナ禍ーー。

「協賛スポンサー各社の売り上げが軒並み減少したのです。経営が芳しくなくなれば真っ先に削られるのが広告宣伝費。海老蔵さんは真っ青になったといいます」(前出・後援会関係者)

■距離ができていた実母と顔を合わせて襲名披露の相談を…

海老蔵は当初、昨年の東京五輪前に、ある計画を立てていたそう。

「近々建て替えになる国立劇場を借りて、松竹の手を借りない襲名披露も模索していたそうです。彼の実入りが段違いによくなりますしね。とはいえ、どの会場でも公演できない状態が長らく続いたので結局実現できませんでしたが……。昨夏、東京五輪開会式に出たことで海老蔵さんの知名度も世界レべルになりました。オファーを受けた大きな理由には“襲名の協賛スポンサーも国内外で増える可能性がある”という面もあったと思います」(前出・梨園関係者)

だが、状況はさらに悪化する。

「昨秋から何度か報じられた多重交際や、義姉・麻耶さんの“爆弾”発言で海老蔵さんのイメージは失墜しました。スポンサーや大物贔屓筋からの“ご祝儀”額がかなり減っているようです。どんなにチケットの売れ行きがよくても大きく潤うのは松竹。“ご祝儀”激減で海老蔵さんの収入は最悪、半分にまで減ってしまう懸念まであるといいます。

そこで、距離ができていた母親の希実子さんと最近顔を合わせて、襲名に関して諸々相談したとも聞いています。父親の代からつながりの深い贔屓筋やスポンサーへの働きかけを改めてお願いしたのではないでしょうか」(別の後援会関係者)

今後、海老蔵は海外へ活動を広げていきたい意思があるという。

「もともと海外公演に積極的な姿勢ですから、自分を正当に評価しない松竹とは別に、知名度を武器にした海外での襲名披露興行も視野に入れているといいます。収入を補?できますし、染五郎さんに注力する松竹を見返したいという思いもあるでしょう」(別の後援会関係者)

海老蔵の今後の言動が、襲名披露興行の成果に直結しそうだ。

関連記事(外部サイト)