伊藤つかさ語る金八先生の思い出「沖田浩之くんはすごく大人な雰囲気」

伊藤つかさ語る金八先生の思い出「沖田浩之くんはすごく大人な雰囲気」

伊藤つかさ語る金八先生の思い出「沖田浩之くんはすごく大人な雰囲気」の画像

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、毎週ドキドキしながら見たドラマの話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「『3年B組金八先生』(’79〜’11年・TBS系)の第2シリーズのオーディションは、第1シリーズに出演した、たのきんトリオ(田原俊彦、野村義男、近藤真彦)さん、三原順子(現・じゅん子)さん、杉田かおるさんの人気もあって、応募者が殺到。それまで参加した子役のオーディションとは、ぜんぜん違う雰囲気でした。2次、3次と審査が進むうちに、私の劇団仲間もどんどん落ちていってしまって……。最終的に出演が決まったときには、ほかの合格者と抱き合って喜んだほどです」

こう語るのは、女優の伊藤つかささん(55)。5歳で劇団いろはに所属して以来、子役として、当時すでに朝ドラや大河ドラマなどで活躍していた。

「母も引っ込み思案だったことから、私が人見知りするのを心配して、劇団に入れてくれたんです。最初に出演したのは『それぞれの秋』(’73年・TBS系)というホームドラマ。『天下のおやじ』(’74年・日本テレビ系)が初めてのレギュラーで、長門勇さんや草笛光子さん、水谷豊さん、寺尾聰さんと共演させていただきました。撮影の合間などに、水谷さんが小道具で遊んだり、笑わせてくれたりしたのを覚えています」

『ケンちゃん』シリーズ(’69〜’82年・TBS系)や『仮面ライダー』シリーズ(’71年〜・テレビ朝日系)にも出演したが、基本的にはホームドラマが中心。大人に囲まれて仕事をする機会が多かった。

「相変わらずの恥ずかしがり屋で、誰かと話すとき、母やマネージャーさんなどワンクッション置かないとダメ。撮影で学校に遅刻したり、早退するのも、教室で注目を浴びてしまうので、嫌でした」

そんなシャイな子どもでありながら、ミュージカルには憧れを抱いていた。

「映画で見た『ウエスト・サイド物語』(’61年)が衝撃的で。母が『(ベルナルド役の)ジョージ・チャキリスに会ったことがある』と言っていたんです。イベントで来日したとき、伊勢丹で偶然見かけただけのようでしたが(笑)。『グリース』(’78年)も印象深い作品です」

こうして多感な中学時代を迎えたころ、放送の始まったドラマが『金八先生』だ。

「中1のとき、第1シリーズを見て“私もあの現場にいたかった”って思ったんです。同世代がワーワー楽しそうに演じているのがうらやましかったんですね。なんでオーディションを受けさせてもらえなかったのか、事務所の人に聞くと、私があまりにも子どもっぽすぎて、中3には見えないからだと言われました」

だからこそ、翌年の第2シリーズには出演を果たしたかった。

「最終審査の会場に沖田浩之くんがいたのですが、私は全然知らなくて、ほかの参加者から『有名な竹の子族なんだよ』って教えてもらいました。当時、彼は高3で、すごく大人な雰囲気。幼い私と、たしかに差がありました(笑)」

第1シリーズがかなりの人気だったことから、第2シリーズは放送前から注目度が高かった。

「最初にポスター撮りをするとき、荒川の土手に集まったのですが、雑誌やテレビの取材がものすごくて。“いままでの現場とは、全然、違うなー”って思いましたね」

当時、同じテレビ局では『ザ・ベストテン』(’78〜’89年・TBS系)が放送されていた。

「生放送のある木曜日は私も『金八先生』のリハを抜け出し、トシちゃんや聖子ちゃんを見に行って、キャーキャー言っていました。逆に、近藤(真彦)さんがドラマの撮影現場をのぞきに来たりして、大騒ぎになったことも(笑)」

TBSのある赤坂の街を、共演者と歩いたことも思い出の一つ。

「『トップス』でカレーライスを食べたのですが、中学生にとってはものすごく高くて、『水にレモンが入っているから』『ライスに干しぶどうがのせてあるから』と、理由をみんなで考えたりしました」

同局のロビーには、沖田浩之さんの親衛隊を中心に、出演者のファンが押し寄せたという。

「私はあんまりセリフがなかったのですが、雑誌で取材していただくうちに、徐々に名前を知ってもらえるようになりました」

『金八先生』終了後、間もなく『少女人形』(’81年)で歌手デビューも果たした伊藤さん。

「高校受験のために芸能活動を休みたかったのですが、事務所から『いや、もうデビューが決まっているから』と言われて……。歌うのは、音楽の授業中ですら苦手だったので、『それなら、ちゃんとレッスンを受けさせてほしい』と言ったのですが、『大丈夫、大丈夫』と、これも聞き入れてもらえず、あっという間に」

そんな状態だから“人前で歌うなんて申し訳ない”という気持ちが先に立ってしまった。

「『ザ・ベストテン』や『ザ・トップテン』(’81〜’86年・日本テレビ系)への出演も迷って……。どちらの番組も夜の生放送だったので、労働基準法(15歳未満の20時以降の労働を認めない)を理由に、両方ともVTR出演にしてもらったんです」

それでも仕事は順調そのもの。憧れだったミュージカルの仕事も舞い込んできた。

「初舞台となったのは『ふしぎの国のアリス』。リズム感もないし、体も硬いし、どうしようって思っていたんですが、演出家の竹邑類さんが一から教えてくださって。共演者には、大ベテランの淡谷のり子さんもいらっしゃったんです。怖いイメージを持っていて“絶対に怒られる”と覚悟していたんですが、いつも楽屋で若いときのお話や、『私はスタイルがいいの』と脚を見せてくださったり、すごくかわいいイメージの方でした」

恥ずかしがり屋で、人見知りの少女だった伊藤さんが、歌手デビュー、夢のミュージカル出演まで果たす−−、その大きなきっかけを与えてくれたのは、やはり『金八先生』だといえるだろう。

「第2シリーズの“同級生”たちとは、LINEグループでつながっていて、桜の咲く季節に、卒業生のやっているお店で同窓会をしていたんです。先生(武田鉄矢)や脚本家の小山内美江子先生がいらっしゃったこともあるんですよ。最近では、第8シリーズの出演者まで出席するので、かなりの大所帯。つちやかおりちゃん(第1シリーズ出演)が、息子さん(布川隼汰、第8シリーズ出演)と出席するなんていうケースも。コロナ禍で中止が続いていますが、また同窓生たちと集まりたいですね」

【PROFILE】

伊藤つかさ

’67年、東京都生まれ。5歳で劇団に入り、子役として多くのドラマに出演。’80〜’81年放送の『3年B組金八先生』第2シリーズでクラスのアイドル的存在を演じ、注目を集める。現在も女優として活躍中。今夏の舞台『帰って来た蛍』(7月23〜31日・俳優座劇場)で主演を務める

関連記事(外部サイト)