『トレース』5話の展開に慟哭 円熟味増した矢田亜希子の演技

『トレース』5話の展開に慟哭 円熟味増した矢田亜希子の演技

『トレース』5話の展開に慟哭 円熟味増した矢田亜希子の演技の画像

2月4日、錦戸亮(34)主演ドラマ『トレース 科捜研の男』(フジテレビ系)の第5話が放送された。科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸)と新人研究員・沢口ノンナ(新木優子)が、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)と共に事件の“トレース”(痕跡)から真相を追求するドラマ。

山道付近でスナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)の遺体が発見される。死因は頭部を強打されたことによる脳挫傷で、死後3日が経過。遺体周辺に落ちていた毛髪のDNA鑑定を依頼すると、なんと18年前に誘拐された幼児・ユウ(山本舞香)のものだった。誘拐事件は犯人と思われる暴力団の準構成員・神崎徹(石垣佑磨)は遺体で発見され、ユウも行方不明のまま迷宮入り。ユウの父親・島本彰(山中聡)と母親・彩花(矢田亜希子)は、今でも懸命に娘のユウを探し続けていた。

捜査をすると被害者の奈津美が過去に中絶していたことが判明。さらに誘拐事件の現場付近に住んでいたことから、虎丸は奈津美の関与を疑う。そしてアパートからは神崎の血液が付着した錆びた包丁が見つかり、奈津美が神崎を殺害していたことが明らかに。当時神崎と交際していた奈津美は、無理やり中絶させられるなど酷い扱いを受けていた。そしてそのことに我慢の限界がきた奈津美は神崎を殺害。誘拐したユウと身代金を手にしたのだった。

そんななか、ユウが奈津美を殺害したと警察に出頭。鑑定の結果、ユウの犯行が立証され逮捕されることに。しかし虎丸はユウを育てた児童養護施設のオーナー上野育子の関与を疑い、尋問。すると、上野は友人であった奈津美からユウを預かったと自供を始める。神崎を殺害し身代金と子供を手に入れた奈津美だったが、当時経営難に陥っていた上野にお金と引き換えにユウを預けていた。しかし、最近になって奈津美から誘拐された子供をかくまっていたことをネタに強請られることに。そして、口論の果てに上野は奈津美を殺害した。

事件は解決したと思われたが、ユウがまだ何かをかばっていると思った真野は再鑑定を始める。その結果、遺体は一度山奥に埋められた3日後に見つけやすい山道に運ばれていたことが明らかに。さらにユウの毛髪を調べた結果、強制的に抜かれていることも判明。DNA鑑定の結果、ユウは彰と血がつながっていないことも分かり、母親の彩花はすべてを告白し始めた。

彰と結婚した秋山だが、かつて交際していた神崎から過去の写真を夫の勤め先にばら撒くと脅され仕方なく体の関係を持っていた。そして、そのときにできたのがユウだった。そのことを知った神崎は縁を切る代わりに、狂言誘拐を企て身代金を要求。お金を渡したらユウを返してもらえると思った彩花も共犯になっていたのだ。

奈津美を遺棄した後、ビラを配っていた両親に会いに行ったユウ。そこで目にしたのは、幸せそうに暮らす両親と幼い女の子だった。ユウが最も恐れたこと。それは出生の秘密を上野にばらされ、彩花の生活を壊すことだった。そのために自ら上野の罪を被ろうとしていたのだ。

簡単には推測できない、複雑に絡み合った出来事を最後にまとめあげる展開は見事。そして、今回はゲスト陣の演技は白眉の出来だった。注目の若手である山本舞香に加えて、歳を重ねて円熟した演技を見せた矢田亜希子には思わず引き込まれた。

また初回から一部で《怒鳴りすぎ!》《パワハラ》と話題の虎丸の演技にも徐々に変化が。回を追うごとに真野やノンナとの信頼関係ができつつあり、落ち着きを見せ始めている。この3人が生み出すグルーヴにも今後より注目が集まるだろう。

次回は、ついに25年前に起きた真野の過去に迫ることに。怪しい動きを見せる壇(千原ジュニア)はどう絡んでくるのか。ますます目が離せない――。

関連記事(外部サイト)