「チャンネル登録したくないYouTuber」ランキング…2位のヒカル、3位のコムドットを抑えた1位は?

「チャンネル登録したくないYouTuber」ランキング…2位のヒカル、3位のコムドットを抑えた1位は?

「チャンネル登録したくないYouTuber」ランキング…2位のヒカル、3位のコムドットを抑えた1位は?の画像

暴露系YouTuberとして知られるガーシー氏(50)が先の参院選で当選を果たし、山口県阿武町の4630万円誤送金事件の田口翔被告をヒカル(31)が救済するなど、世間を大きく騒がせることも多い有名YouTuber。

最近では、小中学生がなりたい職業ランキングの上位に挙がるなど、存在感は増す一方だが、このように波紋を呼ぶYouTuberも少なくない。

果たして、好感度の高いYouTuberたちとは対照的な“応援できない”YouTuberは誰なのか。そこで、本誌はアンケートサービスとTwitterで「チャンネル登録をしたくないYouTuber」についてのアンケートを行った。

男女579人に“見たくない烙印”を押されてしまったYouTuberとはいったい……?

第3位となったのは、東京都を拠点に置く5人組グループのコムドットと、チャンネル登録者数が1000万人を超えるHIKAKIN(ヒカキン・33)だ。

リーダーのやまと(24)を中心に「地元ノリを全国へ」「放課後の延長」をスローガンに掲げて活動しているコムドット。

《内容がつまらないから》(40代女性・無職)と企画を好まない声が上がる一方で、《これまでの素行から見たくないという気持ちが先行してこれまで一度も見たことがありません。そして、チャンネル登録も今後しないと思います》(20代女性・学生)というように過去の“炎上騒動”に対する批判の声が多く上がっていた。

実際に、コムドットは昨年6月『文春オンライン』によってメンバーのやまととひゅうが(24)が緊急事態宣言下に人気YouTuber31人の大宴会に参加していたことが報じられ、ネット上で批判が続出。さらに、同年9月には、『Smart FLASH』によってメンバーらが深夜のコンビニ駐車場で“騒音パーティー”を繰り広げていたことが報じられ、再び炎上していた。

対して、意外な結果になったのがHIKAKIN。

並行して本誌が行った「好きなYouTuberランキング」では堂々の1位を獲得していたが、「チャンネル登録をしたくない」理由として《何が面白いのか分からないし、子どもにあんまり見せたくないし見て欲しくないから》(30代女性・専業主婦)というように子供に見せたくないという、親目線からの厳しい意見が。

そんなHIKAKINは8月18日、自身のYouTubeチャンネル「HikakinTV」が総再生回数100億回を突破。

応援してくれるファンに対し、《これからもYouTuber・インフルエンサーの地位向上を目指すと共に、引き続き皆さんに楽しんでいただけるコンテンツを作っていけるよう成長し続けます!》などとコメントしていた。

続く第2位は、黒髪と金髪のヘアスタイルがトレードマークのヒカル(31)。チャンネル登録者数は480万人を超え、宮迫博之(52)と交流するなど何かと話題になる行動が多く、名前をニュースで見ない日はない。今年3月、『NEWS ポストセブン』によって元乃木坂46のメンバーである松村沙友里(29)との熱愛報道が出た直後には、松村について「僕が相手の方を好きということは事実で本気です」と動画で交際宣言したことも記憶に新しい。

自身のアパレルブランド「ReZARD」も立ち上げ、熱狂的なファンを獲得しているヒカルだが、HIKAKINと同様に《子供に見せたくないから》(40代女性・専業主婦)、《なんだか下品な感じがして、特に子供たちの見本にはならない方かなあ、と抵抗を持って思ってしまいます》(30代女性・会社員)という否定的な意見が上がっていた。

そして残念ながら第1位に選ばれてしまったのは、ガーシー(50)だ。

これまで数々の有名人の秘密をYouTube上で暴露して注目を集めてきたが、そのことに対して《他人を攻撃して登録数増やすとか、訳分からない! 》(50代女性・公務員)、《好きな芸能人の悪口を聞きたくない》(30代女性・専業主婦)といった批判の声が相次いだ。

今年7月には人気YouTuber「東海オンエア」のてつや(28)が、4年前に女性YouTuberのきりたんぽ(23)にキスする動画を自身のInstagramのストーリーに投稿。これにより、殺害予告まで届くようになり、きりたんぽはYouTube活動を休止する事態にまで追い込まれた。

現在ガーシーは、ドバイに滞在しており8月3日召集の臨時国会を欠席。帰国しない理由について同党の立花孝志党首は「警察から詐欺容疑などで不当逮捕されることを恐れている」などと説明していた。

選挙で当選したものの未だ帰国しないことから、チャンネル登録を望まない人も多いようで、《芸能人のネタどころか選挙に出たわりにまともに仕事しないところ》(30代女性・専業主婦)、《この人何を思って国政選挙に臨んだのか全く意味不明でふざけているとしか考えられません!早く日本に帰国して逮捕されて欲しいです!!》(30代男性・会社員)といった声もあがっていた。

【チャンネル登録したくないYouTuberは?】

1位 ガーシー:6.9 %
2位 ヒカル:3.4%
3位 HIKAKIN:2.7%
3位 コムドット:2.7%

栄枯盛衰激しいYouTuber業界。好感度の移り変わりも激しいのかも?

関連記事(外部サイト)

  • 1

    このメディアには存在さえしてほしくない。 どれだけ、知性の貧困地獄煽ったら気が済むんだろう。永久にやるんだろうな。 だから自殺合法化で共存しなくて済むようにしてよ。

すべてのコメントを読む