唐田えりか 杏の渡仏後に主演映画の公開発表…女優復帰もSNSはストップの慎重姿勢

唐田えりか 杏の渡仏後に主演映画の公開発表…女優復帰もSNSはストップの慎重姿勢

唐田えりか 杏の渡仏後に主演映画の公開発表…女優復帰もSNSはストップの慎重姿勢の画像

11月に公開予定の映画『の方へ、流れる』で、遠藤雄弥(35)とダブル主演を務めることが発表された唐田えりか(24)。長編映画への出演は’19年5月公開の『チア男子!!』以来、3年ぶりとなる。

唐田は’20年1月に東出昌大(34)との不倫が報じられ、一時期は活動休止を余儀なくされた。

「唐田さんとの不倫騒動を機に、東出さんは杏さん(36)と離婚しました。そのことから、唐田さんの世間的なイメージは大幅にダウン。それでも女優を続ける意思はあったようで、はじめは月刊誌でエッセイの連載をスタートさせるなど、表舞台に出ない活動をしていました。昨年9月には、ファッションショーへの発表作品として製作された約20分の短編映画に出演。徐々に女優業を再開させてきたのです」(芸能関係者)

本格的な女優復帰として注目を集めているのが、来年配信予定のNetflixドラマ『極悪女王』への出演だ。’80年代の女子プロレス界を舞台に、ゆりやんレトリィバァ(31)が“最恐ヒール”ダンプ松本を演じる。

「唐田さんが演じるのは、ダンプ松本のライバルだったクラッシュギャルズの長与千種役。ライオネス飛鳥を剛力彩芽さん(30)が演じます。今年7月のクランクインに向けて、唐田さんは10キロ増量するなど肉体改造とプロレス技のトレーニングを行ってきました。太らないといけないことに加え、ほぼ全てのシーンをスタントなしで本人たちが演じるそうです」(映像制作関係者)

本誌は今年4月上旬、東京近郊の道場へトレーニングに訪れる唐田を目撃している。白のニット帽にカーキのブルゾンというカジュアルな服装で、役作りのためかややふっくらとしていた。現場復帰に気持ちが高揚していたのか、嬉しそうな笑顔が印象的だった。

Netflixドラマに長編映画の主演と、今後の活躍が期待される唐田。いっぽうで映画公開の発表には“ある事情”があったという。

「一部スポーツ紙などでは、唐田さんの映画主演が報じられたタイミングは、杏さんのフランス移住を待ってのことだったと報じられています。唐田さんの女優復帰によって不倫騒動が蒸し返されてしまうことになりますが、少しでも杏さんがニュースを見る機会が少なくなるように、お互いの所属事務所が配慮したというのです。

いっぽうで唐田さんのInstagramは現在事務所アカウントのみでTwitterも更新は止まったままです。カメラが趣味の唐田さんは、以前はSNSに自ら撮影した写真をアップしていました。しかし、不倫騒動によって“家庭を壊した”とのイメージはまだ拭い切れておらず、“本人発信”には依然として慎重姿勢のようです」(前出・芸能関係者)

渾身の演技で世間のイメージを覆すことができるだろうか。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?