米倉涼子 舞台降板で「肉体的にも精神的もボロボロ」と悲痛吐露…満身創痍でもNGなしで貫いたプロ意識

米倉涼子 舞台降板で「肉体的にも精神的もボロボロ」と悲痛吐露…満身創痍でもNGなしで貫いたプロ意識

米倉涼子 舞台降板で「肉体的にも精神的もボロボロ」と悲痛吐露…満身創痍でもNGなしで貫いたプロ意識の画像

11月から予定されていた主演ミュージカル『CHICAGO』のブロードウェイ公演と来日公演を降板した米倉涼子(47)。公式サイトでは米倉の降板理由を、「急性腰痛症及び仙腸関節障害による運動機能障害」によるものと報告された。

米倉も9月29日、Instagramを更新し《断腸の思いでこの決断に至りました…》と切り出し、自らの病状についてこう明かしている。

《去年も今年ずっと低髄液に悩まされていて、何度も検査を重ねやっと腹部側からの傷口(髄液が漏れてる箇所)が見つかり、新しい治療方をご提案いただき、夢のCHICAGO、各お仕事をスムーズに挑める様、処置を施しました》

《その後、その症状は改善されたものの、仙骨周囲の激痛、馬尾神経腫大、強度の坐骨神経痛等、歩行困難などに向き合わなければならずの中、活動を続けていましたとにかくどうやっても背中を湾曲させることができないのです。現在、日常生活にやや支障のない程には回復してきていますが、舞台でパフォーマンスするには程遠い状態です…》

’20年4月に個人事務所を設立した以後も、ドラマやCMなど幅広く活躍を続けている米倉。しかし、体調の異変は仕事中にも現れていたという。

「今年7月上旬に都内のスタジオで撮影があったのですが、そのときは歩くのも大変そうなくらい、米倉さんは腰を痛がっていました。本番が終わると椅子に座るのもやっとという感じで、周囲のスタッフは彼女の体調を気遣っていました。米倉さんは立ち続けるのもつらそうなのに、本番のカメラが回ると完璧な演技でNGはなしでした」(ドラマ関係者)

満身創痍でも女優としての役割を全うしていた米倉。本誌は昨年8月、『ドクターX〜外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)のロケ現場をキャッチしている。米倉演じる大門未知子はハイヒールで颯爽と歩く女医だが、米倉はリハーサル終了後すぐにハイヒールを脱ぎ、サンダルに履き替えてストレッチをしていた。

「本ドラマは’12年から始まり、昨年10月期の放送までで7シーズンが制作されました。大門未知子にとってハイヒールはトレードマーク。しかし長年、米倉さんがハイヒールを履いていた慢性的な腰への負担も影響していたのかもしれません。最近では映画のイベントにローヒールで登壇していました」(映像関係者)

冒頭のInstagramでは《ごめんなさい》と繰り返し謝り、《ここに来るまで肉体的にも精神的もボロボロ状態です。気合いと根性だけではどうにもなりませんでした。ホント悔しいです。。。》とも打ち明けた米倉。

そんな彼女に、《無理せずゆっくり休んでください》《お身体お大事になさってください》と気遣う声が上がっている。芸能人仲間からもコメントが寄せられており、比嘉愛未(36)は《米さん どうかどうかご自愛下さい 心身共に回復されるのを陰ながら祈っています》と綴っている。

小柳ルミ子(70)も《私も大きな怪我や手術の経験があるので、涼子ちゃんのお気持ちが痛い程分かります。治療、リハビリは辛くて孤独で大変ですが、必ず治ると信じて、焦らずじっくりと治して下さいね。心から応援しています》とエールを送っている。

今はただ、米倉が静養に集中できることを祈るばかりだ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?