“BTSの弟分”&TEAMオーディションの最終審査に密着!

“BTSの弟分”&TEAMオーディションの最終審査に密着!

“BTSの弟分”&TEAMオーディションの最終審査に密着!の画像

BTSの生みの親、パン・シヒョク氏をスペシャルアドバイザーに迎え、日本発のグローバルグループを生み出す大型オーディション番組の最終審査に本誌が密着!

9月3日に世界同時生中継で開催された「&AUDITION-The Howling-」のファイナルラウンド。5000人の観客のなかには、応援に駆けつけたBTSのリーダー・RMの姿もあった。

運命のステージに登場した15人は、緊張をかき消すかのように渾身のパフォーマンスを披露。練習生11人のなかから、デビュー組と一緒にデビューする上位5人が投票によって選出された。

見事、デビューを勝ち取った次世代グループのメンバーは次の9人。

■NICHOLAS(ニコラス・20)

台湾出身。ブレークダンスが得意。「みなさんに幸せを届けられるグループになります」。

■JO(ジョウ・18)

過去には悔し涙も見せたが、最終審査を1位で合格。「お母さんとお兄ちゃんに感謝したい」。

■MAKI(マキ・16)

ドイツ人の父を持ち、語学が堪能。ボーカルセンスに期待大。「影響を与えられる人になる!」。

■FUMA(フウマ・24)

ミュージカルでつちかった表現力と穏やかで優しい性格が魅力。「今日がいちばん幸せな日」。

■YUMA(ユウマ・18)

特技は舞踊。感情豊かなハイトーンボイスに注目。「歌やダンスで思いを伝えられる人に!」。

■TAKI(タキ・17)

特技の舞踊と持ち前の明るい笑顔でチームを牽引。「家族のようなチームになりたいです」。

■K(ケイ・24)

身長186cm。メンバー1の実力とスター性の持ち主。「いつか世界の舞台で活躍したい!」。

■EJ(ウィジュ・20)

韓国出身。ダイナミックなダンスと笑顔で魅了。「カッコいい姿で恩返しがしたいです」。

■HARUA(ハルア・17)

あどけなさが残るビジュアルでアイドル性抜群。「お互いに支え合いながら進んでいきたい」。

選ばれた者、選ばれなかった者、ともに抱き合いあふれる涙……。HYBE LABELS JAPAN初のグローバルグループの名前は、「&TEAM」(エンティーム)。デビュー日は12月7日に決定した。

偉大なるBTSのごとく世界に羽ばたけ!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?