GACKT マレーシアに新豪邸を建築中!設計も手がけた“驚異のこだわり”を直撃告白

GACKT マレーシアに新豪邸を建築中!設計も手がけた“驚異のこだわり”を直撃告白

GACKT マレーシアに新豪邸を建築中!設計も手がけた“驚異のこだわり”を直撃告白の画像

9月下旬の朝8時ごろ、GACKT(49)が成田空港の到着口から現れた。手荷物は小ぶりなトランクだけ。待っていたマネージャーがすかさず近づきそのトランクを受け取る。ゆっくりと歩く彼は久しぶりの帰国の喜びをかみしめているようだった。映画関係者は言う。

「GACKTさんは昨年9月に体調不良で無期限の休業を発表したため、映画『翔んで埼玉』続編の撮影はストップしたままでした。しかし今年5月に年内の復帰を発表され、ようやく10月中旬から撮影が再開されます。『翔んで埼玉』はGACKTさんがいなくては成り立たないので、関係者は海外で療養生活を送っていた彼の復帰を信じ『どれだけでも待つ』と約束していたのです。今回はW主演する二階堂ふみさんら出演者との顔合わせもあり帰国したと聞いています」

大作の撮影を控えるGACKTだが、実はプライベートでも大仕事を抱えているという。

「GACKTさんは移住しているマレーシアに新居を建設する予定なんです。しかも今回は、自分自身で設計までしているようです」(音楽関係者)

GACKTは’12年から主にマレーシアで生活をしている。

「’19年の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で公開したクアラルンプールの高級住宅街にある豪邸は、総面積がなんと1千700平方メートル。プールやジムにバーカウンター、ポーカールームなどが備わっており、MCの坂上忍さんも『何じゃこれ。もういやになるわ!』と驚くほどデラックスなお屋敷。最低でも5億円以上はするでしょうね」(前出・音楽関係者)

■「たまたまマレーシアの土地を押さえていた」

本誌は帰国直後のGACKTに新居について直撃した。

――そもそも、どうしてマレーシアに移り住んだのですか。

「どうしてマレーシアというよりマレーシアしかないから。ボクが訪れた国は80カ国以上、350都市を超えている。ボクは昔から、常に住める場所を探して旅をしているんです。

マレーシアに住んで約10年になるけれど、KL(クアラルンプール)を超える都市がほかにないんです。世界でいちばん住みやすい。食事もおいしい。物価も安い、高速道路、インフラすべて整っている。さらに世界中の人が集まっている。そして英語がメインの言語。ボクはマレーシア人とトラブルになったことは一度もないですよ。多民族国家なのに、民族間の問題もなく社会が成り立つんだっていうパワーを感じます。

乾燥はのどにも肌にも悪いでしょう。ボクのマレーシアの家はエアコンをつけなくても26~28度。日本の人はイメージでマレーシアは湿度も温度も高いと思ってるでしょうけど、日本の初夏くらいですよ。日本の梅雨前くらいの感覚が続いている感じ。だから体調がコントロールしやすいんですよ」

――さらに豪華な新居を建てると聞きました。

「(しばしの沈黙の後)もっといい場所を見つけたから」

――ご自分で設計されるんですか?

「よく知ってるね。コロナ禍の前に、たまたまマレーシアの土地を押さえていたんですけど、もしかしたらもっといい場所がヨーロッパに見つかるかもしれないと思って保留にしてたんですよ。ヨーロッパで療養している間も新居はずっと探していたけどマレーシアに帰ったら、いかに素晴らしい国かということに改めて気づいて。

療養生活中は、ボイトレもしていましたが時間がいっぱいあって。最初は自分で“こんな家を建てようと思っている”とうちのスタッフに絵で送ったら、“これって逆から見たらどうなってるんですか?”と言われて紙に描き直したんです。それを1日やってたら、また質問されての繰り返しで、毎回これやっていたら1日つぶれるな……と。

紙に描いたものだと建築デザイナーに見せるときにすごく大変なんだろうなと思ったので建築デザイナーが使うCAD(2D&3D設計ソフト)を覚えようと思って勉強しました」

■「ボクの車が家具になればいいなと」

――どうして自分で設計しようと思ったのですか。

「今まで家を建てるときはデザイナーと打ち合わせして指示だけしていたんだけど、やっぱり完全に自分が好きな家にはならないんです。高さとか、細かい部分では。そこで自分でやろうと決めて自分でデザインして、そのあとデザイナーに渡して清書してもらうことにしたんです。実際のマテリアル(素材)まではわからないので。CADって建築だけではなくて商品を作るときにも使うので、製作物を作れるし、勉強するにはいい機会かなと」

――現在のマレーシアの自宅内には滝がありましたが、今回の新居には、どんなこだわりが。

「車といっしょに過ごす家がいいかなと。車ってね、切ない乗り物でしょう。車でかっこいいなと思うのは外装。でも、手に入れて運転しているときは自分で見ることができない。それが切ない。本来なら、車はそれだけで完成されたラグジュアリー。だからこれが家の家具になればいいなと」

――それでは、リビングに車を入れると。

「車が最高の装飾品。ボクはガレージに車を並べることには興味がない。車は乗っていないときにこそ感動があって、その車を見ることができないのは寂しい。ドライブするよりも車を眺めながら酒を飲みたい。夜、車好きの仲間が集まってその周りで飲めるような家だったらいいなと。仲間が集まって仲間とリラックスできる場所が欲しいんですよ。

昔はたくさん車を持っていましたが、リビングに車を並べたいわけではないんです。ランボルギーニに乗ってから変わりました。もうランボルギーニだけでいい。彼女もこんな感じで見つかるといいんですけどね」

そう笑うGACKT。“とんだ豪邸”になりそうだ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?