『ぎふ信長まつり』で伊藤英明に同情続々…木村拓哉の話題集中で『立役者やのに』

『ぎふ信長まつり』で伊藤英明に同情続々…木村拓哉の話題集中で『立役者やのに』

『ぎふ信長まつり』で伊藤英明に同情続々…木村拓哉の話題集中で『立役者やのに』の画像

11月6日に岐阜市内で開催された『ぎふ信長まつり』は、木村拓哉(49)が織田信長役を務めたこともあり過去最高のおよそ46万人の人出を記録。10月29日に韓国・梨泰院で156人が亡くなる雑踏事故が起きたため、『ぎふ信長まつり』での混乱が心配されていたが、特に大きなトラブルはなかった。

「騎馬武者行列に木村さんが登場するやいなや、たちまち大歓声が沸き起こっていました。十六銀行の調査研究機関『十六総合研究所』が事前に発表した試算によると、岐阜県にもたらす経済波及効果は約39億円見込みとのことです」(地方紙記者)

SNS上では、写真撮影が許されていたこともあり写真や動画とともに、『ぎふ信長まつり』に関する投稿が多数なされていた。

《キムタク見れた!!めっっちゃかっこよかった!オーラ半端ない!!》
《すぐそこに木村拓哉さまが。かっこよすぎて心臓撃ち抜かれました。半年は余韻に浸れそう…》
《佇まいや振る舞い、目線、表情、すべてが木村拓哉というより織田信長公だったの震えた。完全に岐阜を統一してました。》

大成功で幕を閉じた木村出演の『ぎふ信長まつり』。同イベントに木村が出演するきっかけとなったのは、岐阜市出身で過去に『ぎふ信長まつり』で信長役を務めたこともある伊藤英明(47)だ。来年1月公開の映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』に、伊藤は福富平太郎貞家役で出演し、信長役で主演を務める木村と共演する。

同映画の製作・配給元である東映は、11月4日に配信された『岐阜新聞Web』の取材で「撮影中に伊藤さんと木村さんが雑談をしていて、ぎふ信長まつりの話が出た。伊藤さんから木村さんに、過去に自分も信長役で参加したことがあるよ、と。それがきっかけで、まつりに出てみたいと木村さんから弊社に相談がありました。信長公が歩いたまちを自分も歩きたい、と。木村さんの思いを受け、弊社から(まつり事務局の)岐阜市さんに声をかけさせていただきました」と、説明している。

また岐阜県知事も10月の定例会で、旧知の中である伊藤さんと「木村さんが映画をご縁に岐阜へ来ていただければ、地元は盛り上がる」という話になり、知事が「木村さんのご都合を聞いてみてはどうか」と伊藤さんに提案したことから実現したと明かしている。

立役者である伊藤英明だが、『ぎふ信長まつり』についての報道ではあまり注目されていなかったーー。

「テレビではキムタクの映像ばかりでしたね。映画で信長を演じるため致し方ないとはいえ、キムタクばかりに注目が集まり、伊藤さんは完全に脇役のような扱いに感じてしまいました。岐阜市民としては、橋渡しをしてくれた伊藤さんに大変感謝しています」(岐阜県に住む女性)

SNS上でも伊藤英明についての報道が少なかったことに疑問の声があがったーー。

《かわいそうに、伊藤英明あんまり映らへんw 1番の立役者やのにww》
《キムタクの祭りの映像をニュースで見るたびに、伊藤英明がおまけ以下の扱いになってるの見てなんか可哀相に思えてくる。》
《伊藤英明おまけみたいになっててかわいそう(´・ω・`)》

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?