石黒彩「ASAYAN」前は旦那のバンド(LUNA SEA)のコピーバンドをしてました

石黒彩「ASAYAN」前は旦那のバンド(LUNA SEA)のコピーバンドをしてました

石黒彩「ASAYAN」前は旦那のバンド(LUNA SEA)のコピーバンドをしてましたの画像

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、毎日聴いていた音楽の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「幼いころから体が大きかったし、モーニング娘。時代も“カワイイ担当”はなっち(安倍なつみ)やかおりん(飯田圭織)。だからずっと“カワイイ”人に憧れているんです。今は橋本環奈ちゃんに注目していますが、その始まりはJUDY AND MARYのYUKIちゃん。私にとって“カワイイ”の極みです」

そう話すのは、モーニング娘。の創立メンバーだった石黒彩さん(44)。’90年代は「人生でもっとも濃い時間」だった。

生まれも育ちも北海道札幌市。幼稚園時代、オルガンを習い始めたことが音楽の原点だ。

「両手で演奏することができなくて、発表会では片方のパートをお母さんに弾いてもらって連弾しました。3曲発表するのですが、演奏は1曲だけで、残り2曲は歌。すると先生が『あなた、合唱をしたほうがいいんじゃない』とすごく褒めてくれて。それが歌手になりたいと思うきっかけでした」

『ミュージックステーション』(’86年~、テレビ朝日系)や『ポップジャム』(’93~’07年、NHK総合)などの歌番組は欠かさずチェックした。

「放送翌日は、歌番組の話題で持ちきりだったので、見逃すわけにはいきません。北海道でも放送されていた『ミュートマジャパン』(ミュージックトマトJAPAN・テレビ神奈川)も必ず見ていました」

音楽好きが高じて、中学2年生くらいから、ビジュアル系バンドを追っかけるバンギャルに。

「地元に1軒だけあった、ビジュアル系のインディーズバンドを扱うショップに出入りするように。GLAYやL’Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)がまだ前座の時代。メジャーデビュー前の黒夢のライブを、真っ黒な服を着て見に行ったりしていました。人気バンドのチケットを手に入れるために学校をサボって並ぼうとしたら、母が代わりに2時間並んでくれたことも。かなり過保護なバンギャルですよね(笑)」

高校の入学祝いとして、両親にベースを買ってもらった。

「うちの旦那(真矢・’00年結婚)がいるLUNA SEAのコピーバンドをしていました。いかにもビジュアル系なゴスロリ衣装を着ていたときもありましたが、当時はとにかく安室奈美恵さんが人気。私も日焼けサロンで肌を焼いて、細眉&スーツのアムラーになっていました」

そんな時期に出合ったのがJUDY AND MARYだった。

「私は顔がきついし、背も高いほうだったから、声も見た目もキュートなボーカルのYUKIちゃんは、なりたくてもなれない私の理想像。しかも同郷だから“北海道からでも有名になれる”と勇気づけてくれた存在でもありました」

ジュディマリのコピーバンドも結成したという。

「とくにアルバム『ORANGE SUNSHINE』(’94年)が大好きで、収録されていた『RADIO』や『Cheese“PIZZA”』、『小さな頃から』を練習していました。その後のヒット曲『そばかす』(’96年)や『くじら12号』(’97年)を含めると、全部で8曲くらい演奏しました」

■『モーニングコーヒー』でメジャーデビューを果たし、『LOVEマシーン』が空前のヒット

学校の先輩に誘われ、札幌市で開催されたジュディマリのライブにも足を運んだ。

「『ぴあ』を見て、電話をかけまくってようやくチケットを入手。ジュディマリのステージは演奏も感動的でしたが、やっぱりYUKIちゃんのかわいさに圧倒されてしまいました」

大好きな安室奈美恵とYUKIの写真を見ていて、2人が同じ茶色のブーツを履いているのを発見した。

「大好きな2人が履いていたブーツがどうしても欲しくなって……。親に頼んだら、どうにか見つけた茶色と黒のブーツを東京から取り寄せてくれました。やっぱり過保護ですね」

過保護ゆえに、高校時代の門限は夜9時だった。

「ドラマ『愛していると言ってくれ』(’95年・TBS系)は、友達と電話で『どうなるんだろう』とおしゃべりしながら見ていました。今思えば、かなりの電話代がかかったはず。『ASAYAN』(’95~’02年・テレビ東京系)も友達と電話しながら見た番組。周富徳さんや金萬福さんが中華対決をしていた前身番組のころから好きでした」

同番組の、小室哲哉が新人を発掘するオーディション「コムロギャルソン」に応募したのは、幼いころから抱いていた歌手になりたいという夢を実現させるため。

「デビューを勝ち取ることはできませんでしたが、小室さんに歌を褒めていただいたことが自信になったし、もっと頑張ろうと思うように」

続く「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」にも挑戦したが、ここでも残念ながらグランプリを逃してしまった。

「ところが、最終オーディションまで残った私を含めた5人をつんくさんが拾ってくれて、デビューできるチャンスが巡ってきたんです」

番組から、インディーズCD『愛の種』(’97年)を5日間で5万枚完売したらデビューできるという課題が与えられた。

「CDが売れている時代で、ミリオンセラーも数多く出ていましたから、“5万枚なんて余裕”だと思っていたのですが、実際にトラックに積まれたCDの山を目の前にすると、メンバー全員が言葉を失いました」

それでも5人が力を合わせ、見事に完売達成。’98年に『モーニングコーヒー』でメジャーデビューを果たし、’99年には『LOVEマシーン』が空前のヒットに。

「幼いころから好きだった『ミュージックステーション』にも出演することができ、そこで出会った夫と’00年に結婚することにも」

残念ながらジュディマリと共演する機会には恵まれなかったが、夫・真矢とジュディマリのギター、TAKUYAは友人同士。食事を一緒にすることもあった。

「TAKUYAさんは、私がジュディマリを好きになった二十数年前の姿のままで、まるで時間を超越したかのような存在。同じようにジュディマリの楽曲も、感動したあのころのまま、今も私の心に残っています」

【PROFILE】

石黒彩

’78年、北海道生まれ。’97年、『ASAYAN』内のオーディションを通じて、モーニング娘。の1期メンバーに。服飾関係の道を目指すとして’00年にモーニング娘。を卒業後、LUNA SEAの真矢と結婚。子育てエッセイや料理本を出版するなど主婦タレントとしても活動している

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?