ジャニーズ秋ドラマを霜田明寛氏が解説「全員がハマり役」

ジャニーズ秋ドラマを霜田明寛氏が解説「全員がハマり役」

ジャニーズ秋ドラマを霜田明寛氏が解説「全員がハマり役」の画像

現在放送中の秋ドラマには、ジャニーズ出演作が盛りだくさん! 『ジャニーズは努力が9割』の著者・霜田明寛さんによると「今期はハマり役を演じている人ばかり」なのだとか。

「役柄に、ご自身の印象が反映されている方が多いんです。『silent』の目黒蓮さんは、障害を抱えながらも周囲を思いやる優しさや誠実な人柄が、ご本人と重なりますし、『ボーイフレンド降臨!』の髙橋海人さんも、かわいらしいけれど、どこかミステリアスな雰囲気が、記憶喪失という設定にぴったりですよね。『束の間の一花』で京本大我さんが演じる余命の短い哲学講師役も、見た目の繊細な美しさで、リアリティが増しているように感じます。ご本人の資質に、役作りの努力がかけ合わさって、何倍も魅力的なキャラクターになっているんでしょうね」

■目黒蓮(25)『silent』フジテレビ系・木曜22時~

「目黒さんの目元や表情の演技に思わず引き込まれてしまうんですよね。猛練習したという手話からも感情が伝わってきて、俳優としてさらに飛躍する予感がします」(霜田さん・以下同)

■髙橋海人(23)『ボーイフレンド降臨!』テレビ朝日系・土曜23時~

「髙橋さんが醸し出す独特の雰囲気は、年上女性が恋に落ちてしまうのも納得です。記憶を取り戻したとき、演じ方にどんな変化が起きるのか、今から楽しみです」

■京本大我(27)『束の間の一花』日本テレビ系・月曜深夜24時59分~

「京本さんは、ビジュアルに説得力を持たせるため、人生初の食事制限をしたそうで、美しさに磨きがかかっています。哲学講師という設定も、雰囲気にぴったりです」

また、どちらもマンガが原作の『親愛なる僕へ殺意をこめて』と『クロサギ』では、主演の2人が演技の実力をあますところなく発揮しているという。

「山田涼介さんは、マンガ原作の世界観のなかでも、見た目に説得力がありますよね。今回は、バイオレンスなシーンの表現力も際立っています。平野紫耀さんは、コミカルなシーンとシリアスな演技の振り幅の広さがさすがです。カッコいいダークヒーローとして、男性人気もより高まる気がします」

■山田涼介(29)『親愛なる僕へ殺意をこめて』フジテレビ系・水曜22時~

「2つの人格をどちらも魅力的に演じ分けられるのは、山田さんの演技力があるからこそ。真実が明かされるまでの展開にも期待大!」

■平野紫耀(25)『クロサギ』TBS系・金曜22時~

「劇中で、平野さんがいろいろな変装をするのも見どころのひとつ。着替えシーンで、筋肉美が見られるのもうれしいポイントです」

最後に、霜田さんはこう語る。

「どの作品もクオリティが高いのはもちろん、ご本人たちの魅力が最大限に引き出されていて、ジャニーズファンとしては、テンションが上がりまくりです!」

【PROFILE】

霜田明寛

Webマガジン「チェリー」編集長。過去にはジャニーズJr.オーディションを受験した経験も! 著書に『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)などがある

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?