雅子さま 武道館コンサートにも足を運ばれたことも!ユーミンとの31年越し対面秘話

雅子さま 武道館コンサートにも足を運ばれたことも!ユーミンとの31年越し対面秘話

雅子さま 武道館コンサートにも足を運ばれたことも!ユーミンとの31年越し対面秘話の画像

クリーム色のスーツに、2連のパールのネックレスをお着けになった雅子さま。皇居・宮殿の松風の間に入ると、集まった17人にやさしくほほ笑みかけられた。

11月22日、天皇陛下と雅子さまは、今年選出された文化功労者の拝謁を受けた。文化功労者は、文化の向上や発展に貢献した人に贈られる称号だ。なかでも今回はシンガー・ソングライターとして初めて松任谷由実(68)が選ばれ、注目が集まっていた。

今年デビュー50周年という節目を迎えたユーミンに、

「最近はどんな活動を……」

とお聞きになった雅子さま。ユーミンはやや恐縮しながら、

「もう少しすると、『ユーミン・ミュージアム』という展覧会が始まりまして……。絵と音楽を同列でやっていた時代がありました」

会話は弾み、最後に雅子さまは、ユーミンを祝福しながらエールを送られた。

「50周年おめでとうございます。お元気でご活躍ください」

するとユーミンは、感極まった様子で礼を述べる。

「ありがとうございます。両陛下も、お体を大切になさって……」

お話を終えた雅子さまの瞳は、いつもより輝いていた――。

雅子さまが外務省に入られたころ、自立した女性像を歌詞に打ち出し、次々とヒットを飛ばすユーミンは、その世代の女性にとって憧れの歌手だった。本誌は1988年2月、残業後に同僚たちと六本木のパブでカラオケを楽しまれたお姿を目撃している。雅子さまの知人はこう話す。

「カラオケの十八番は山口百恵さんの『いい日旅立ち』。昔からいろいろなジャンルの音楽に親しまれていて、ユーミンもお聴きになっていたし、カラオケでも歌われていたと思います。

外務省にお勤めになっていたころは、愛車のカローラにカセットテープをたくさん積んでおられましたね」

その後、雅子さまは研修留学のために英国へ。帰国後の1990年、ユーミンのアルバム『天国のドア』が200万枚の出荷を記録して話題となっていた。長年ユーミンを取材してきたカメラマンのYAHIMONときはるさんは、雅子さまとこのアルバムにまつわるエピソードを明かしてくれた。

「私は雅子さまのご実家の近くに住んでいたことがあって、町内会の案内などをお持ちすることがありました。1991年4月、お母さまの優美子さんからお菓子をいただいたお礼に、複数枚買って持っていた『天国のドア』を差し上げようと思ってうかがうと、玄関で優美子さんと雅子さまが応対してくださいました。

そのとき、『天国のドア』のジャケットを見た雅子さまは、『ありがとうございます。ちょうどお友達からユーミンさんのコンサートに誘われていたので、これで予習できます』とにこやかにおっしゃられて……。この日以降に、日本武道館で4日間のツアーコンサートがありましたから、そのうちのどこかに行かれたのでしょう」

■重圧のなかでも心の支えになった

ユーミン初のシングルミリオンセラーとなった『真夏の夜の夢』がリリースされた1993年、天皇陛下と雅子さまは6月9日にご成婚される。宮内庁関係者は、

「文化功労者へお声がけされた際に、陛下は『卒業写真』などの曲名を挙げられながら、松任谷さんとお話しになっておられました。両陛下ともに、昔から好んでお聴きになっているようです」

ご結婚後、“お世継ぎ”が日本中から期待されていた雅子さまは、壮絶な重圧をお感じになり、苦悩されていた。流産という悲劇を乗り越えた2001年5月、再び懐妊されたことが発表された。前出のYAHIMONさんは、このころに再び、ユーミンのアルバムを優美子さんに届けていた。

「ご懐妊が発表されたあと、安産になるようにとの願いから、1991年に発売された『DAWN PURPLE』をお持ちしたのです。このアルバムには、『Happy Birthday to You~ヴィーナスの誕生』という妊婦が生まれてくる赤ちゃんを励ます曲が収録されています。

優美子さんに、『このアルバムの1曲目は、安産に導く縁起のいい曲と言われています』とお伝えすると、『渡しておきますね』と言って受け取ってくださったことを覚えています」

ご成婚や愛子さまのご出産という節目にお聴きになっていた雅子さまの「人生の応援歌」――。これからも、やさしく包むように、ユーミンのナンバーが雅子さまをお支えするのだろう。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?