愛子さま ティアラ制作に続き伊勢神宮ご参拝も延期…貫かれる“自分ごとより国民のため”の精神

愛子さま ティアラ制作に続き伊勢神宮ご参拝も延期…貫かれる“自分ごとより国民のため”の精神

愛子さま「宿命」に目覚めか

愛子さま ティアラ制作に続き伊勢神宮ご参拝も延期…貫かれる“自分ごとより国民のため”の精神

愛子さま ティアラ制作に続き伊勢神宮ご参拝も延期…貫かれる“自分ごとより国民のため”の精神の画像

「大変勉強になりました」

屛風絵や浮世絵など数十点を鑑賞された愛子さまは、笑顔で感想を述べられたという。11月24日、天皇皇后両陛下と愛子さまは東京・上野の東京国立博物館を訪問された。ご一家そろって公の場へお出かけになったのは’20年1月の大相撲ご観戦以来、2年10カ月ぶりのこと。

12月1日に21歳の誕生日を迎えられる愛子さまに、国民の期待は高まるいっぽうだ。最近では愛子さまの将来にも関わる記事が『文藝春秋』(12月号)に掲載され、話題を集めたばかり。その見出しは《安倍晋三秘録(3)「愛子天皇」を認めていた》。

記事中には、この数年の間に安倍晋三元首相が何度か口にしたという言葉が記載されている。

《安倍内閣の体力があるうちに、有識者会議を立ち上げる。そして将来、愛子天皇誕生への道筋に向けても責任ある議論を進めなければならない》

安倍元首相といえば男系維持派政治家の旗頭だった。しかし男系継承を維持することを大前提としつつも、愛子さまのような“男系女子皇族”による皇位継承も“ありえる”と考えていたというのだ。

神道学者で皇室研究者の高森明勅さんは次のように語る。

「今後も男系による継承を続けていくためには、悠仁さまが結婚され、男子が誕生することが必須となります。しかし、その可能性だけにかけるわけにはいかず、男系維持派は旧宮家の男系男子を皇籍に復帰させることを主張しています。ですが安倍元首相自身は、その実現が難しいと考えていたようです。

私はある首相経験者に話を聞いたことがあります。その方は、平成の終わりごろに安倍元首相と2人きりで懇談したそうです。その際、『旧宮家で実際に皇籍取得の意思がある人がいるのですか』と質問したところ、安倍元首相は『いないのです』と、答えたのだそうです。

元首相が“愛子天皇誕生”への道筋も進めようとしていたのは、皇統を維持するためには、現実的にほかに方法がないと考えていたからだと思います。元首相が女性天皇を容認していたという証言は、今後の国会での議論に影響を及ぼすのではないでしょうか」

しかし残念ながら現在の国会は次々に明るみに出る閣僚の不祥事で紛糾し、皇統の問題の議論にまでいたらないのが実情だ。

21歳の誕生日を迎えられるのに、いまだに定まらない愛子さまの将来。しかし愛子さまご自身は“天皇の娘としての宿命”に目覚められているという。

■ご自分のことよりも“国民のため”を優先

宮内庁関係者はこう語る。

「ご成年を迎えた皇族が伊勢神宮で奉告されるのは、皇室のならわしとなっています。昨年12月に成年皇族となられた愛子さまが、いつ三重県を訪問されるのか、この1年間注目されていました。しかし最近、両陛下の側近が、愛子さまが20歳のうちには参拝されないことを明らかにしたのです」

側近は延期の理由について、同じく内親王だった黒田清子さんも20歳のときに参拝しなかったからと説明したという。

「しかし黒田清子さんが成人したのは昭和天皇崩御から3カ月後。喪に服していたために、参拝を自粛したとみるほうが自然です。やはり愛子さまのご参拝が延びているのは、コロナ禍のためではないでしょうか」

愛子さまは学習院大学の3年生だが、両陛下への感染を防ぐために、いまも通学を自粛されている。

「愛子さまは常にご自分のことよりも、“天皇皇后両陛下のため”“国民のため”“皇室のため”を優先されています。11月5日には、皇居内で秋季雅楽演奏会を鑑賞されましたが、学習院では学園祭が開催されていました。つまり学校行事よりも宮中行事を優先されたのです。

ティアラも黒田さんのものをお借りしており、来年度中も制作の予定はありません。理由については、“コロナ禍で苦しむ国民がいるなかで、両陛下のお気持ちを考慮されている”と、説明されています。

伊勢神宮に参拝されることで、ご自身の感染のリスクが高まるだけではなく、地元の人々が大勢奉迎に集まってくることも心配されているのでしょう。『国民の健康と命を守らねば』と、お考えなのだと思います」

天皇陛下のおそばでずっと“国民に生涯を捧げる”というご姿勢を学ばれている愛子さま。

「今後も制度に変更がなく天皇に即位されなくても、いわば“無冠の女帝”として、皇室を支え続けるというお覚悟が伝わってきます……」

名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さんもこう語る。

「愛子さまのご姿勢は、ウィズコロナという考えが浸透しているなかで、若い世代には珍しいほど慎重ですが、それだけ両陛下や皇室を大切に考えられているからだと思います。

また愛子さまは天皇陛下からお考えを直接伺えるお立場にあり、皇族としてのご自覚が非常に強いのも、それゆえでしょう。たとえ女性天皇にはならなくても、将来は“皇室のリーダー”的存在として活躍される可能性はあるかと思います」

まだご自身のティアラはお持ちでない愛子さま。しかし、“私より公”を貫くお気持ちは、あまたの宝石よりも輝いているーー。

関連記事(外部サイト)

  • 27

    >男系女性天皇は前例のある事で何の問題もない 問題あるあるだろよ。後継の男系男子がいる中ですべき議論ではない。 残念ながら安倍さんが亡くなってしまったことで、 こんな嘘でたらめで印章操作記事がまかり通っている。

  • 26

    このコメントは削除されました

  • 25

    なんだこのコメント欄。ティアラも作らず、参拝もしない、小中高と遅刻欠席しまくり、大学にも通わない、一人公務もできない、新嘗祭の最中にサッカー観戦やってるような内親王とやらを天皇に?

すべてのコメントを読む