『3年A組』で生徒役好演の福原遥が涙した菅田将暉の言葉

『3年A組』で生徒役好演の福原遥が涙した菅田将暉の言葉

『3年A組』で生徒役好演の福原遥が涙した菅田将暉の言葉の画像

菅田将暉(26)主演のドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の最終話が3月10日に放送され、菅田演じる柊一颯の“最後の授業”が完結。毎回、菅田と29人の生徒キャストの熱演が視聴者の感動を呼んだ本作。そんななか、元水泳部員の水越涼音を好演したのが福原遥(20)。最終話を番組最高視聴率で終えた、この冬イチの話題作の裏側を語ってくれた。

「街を歩いていて声をかけられることが増えました。小学生に『3Aだ!』って指を差されたときはビックリしましたけど、世代を問わずたくさんの人が見てくださってるんだなあと、うれしかったです。あるとき『学校から抜け出してきたんですか?』と聞かれたことがあって。その人はドラマのストーリーを知っていてジョークを言ってくださったんだと思うんですけど、それにまったく気付かない私は『大学生じゃないんです』って間抜けな答えをしてしまったことがありました。あとで気づいたとき、恥ずかしかった!(笑)」

福原が演じた涼音は少し気の強いところはあるが、クラスメートでもある彼氏に真っ直ぐな愛を注ぐ女の子。

「ドラマの予告映像で、涼音は“敵に回すと厄介者、恋多き女”という表現で紹介されていました。それを見たときはまだ役の性格をつかみきれていなかったのですが、台本を読み進めていくと何かあるんだろうなと。涼音の負けず嫌いなところは自分に重なりますし、実はすごい努力家なんですよね。辛いシーンも多かったので、涼音を応援してあげたいという気持ちで演じていました」

水泳部の顧問だった教師に対し、涼音が「あいつのせいで部活を辞めた」と告発した場面は大きな話題に。福原と菅田の息詰まる演技合戦は視聴者の目をくぎ付けにした。

「菅田さんや生徒役キャストが全員、私のお芝居を精一杯受け止めてくれましたし、引き出してもくれました。そのおかげで涼音の心に溜まった澱みたいなものを存分に吐き出すことができたように思います。こんな撮影は初めてっていうくらい。菅田さんが私たちに投げかける言葉はリアルに迫っていて、セリフじゃないみたいでした。現場の空気を一気に作って、生徒役の俳優陣を引っ張ってくださいました」

いまをときめく個性豊かな若手が勢揃いした撮影現場。互いに切磋琢磨しながら、みんなで協力し合っていいものを作ろうという雰囲気だったようだ。

「教室のシーンは常に緊迫した雰囲気で、撮影の合間でも緊張感がありました。気になったシーンがあると、休憩時間も集まって意見交換をしたりしていました。『こうしてあげたら相手の子もセリフが言いやすいよね』って。人のお芝居をどうこう言うわけではなく、どれだけ良いものが作り出せるかといった感じで。本番のカメラが回ったときの集中力は半端じゃないし、ものすごい緊張感のなかで演じているので、音声さんが『(キャストの)心臓の音が聞こえる!』と話しているのを聞いたことがあります」

そんな緊張感みなぎる撮影期間、共演者とのステキな思い出もできたと語る。

「クリスマスは差し入れのケーキとチキンを食べて盛り上がりましたし、イベントのたびにお祝いをしました。2月の菅田さんお誕生日には生徒キャスト全員で色紙に菅田さんの似顔絵を描いてプレゼントして、ドラマの主題歌『生きる』を合唱したんです。菅田さんが『こんな生徒が持てて幸せです!』と言ってくださったので、私も涙が出そうになりました。劇中では笑顔のシーンがほとんどなかったので、そういう場面になると涙腺が緩んでしまいました(笑)」

福原といえば、6歳から芸能活動を始め、’09年からNHK Eテレで放送された料理アニメ『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』で主人公を演じてブレーク。“まいんちゃん”の愛称で親しまれ、同世代の女の子から憧れの存在だった。

「まいんちゃんは、子役時代の私にとって一番大きな出来事でした。実は、まいんのオーディションに合格しなかったら芸能の仕事を辞めようと決めていたので、受かったのが奇跡というか、こうして仕事を続けることになったのは運命だったのかなあと思います。正直、中学生になるまでは習いごと感覚だったので歌ったり、雑誌に出たり、ということがただただ楽しくて。女優さんになりたいとは思っていませんでした」

しかし、ある映画へのゲスト出演をきっかけに女優になることを決意した。

「中学2年生のころでした。完成した作品を見たらあまりにも演技ができてなくて、悔しかったんです。その思いが今も続いているからお芝居をやりたいと思えているのだと思います。人から注目される存在でいたいという思いは強くあります」

目指したい女優ができたことも大きな動機となったという。

「NHKの連続テレビ小説『おひさま』の井上真央さんの演技を見て、勇気やパワーをすごくもらったんです。私も、見る人の感情を揺さぶることができて、いろいろな思いを伝えられる女優になりたいと思っています」

4月5日から全国公開の映画『4月の君、スピカ。』でヒロインを務めるほか、『映画 賭ケグルイ』など出演作が続く福原。さらなる目標を語ってくれた。

「いま、女優や声優の仕事、バラエティーにも出演させていただいているので、これからも自分の知らない世界をたくさん見て吸収して、将来は引き出しを沢山持っている女性になりたいと思っています。ファミリードラマに出たいというのがいまの一つの目標。いろいろな夢がかなうように、努力して上を目指していきたいと思います」

関連記事(外部サイト)