指原莉乃 苦言に賛同の声…NGT48山口事件に「納得してない」

指原莉乃がNGT48山口真帆に関し記者会見をしたAKSに苦言、「終わらせたらいけない」

記事まとめ

  • 指原莉乃が「ワイドナショー」で、NGT48山口真帆に関し記者会見をしたAKSに苦言
  • 指原は「全員納得はしていない」とコメントし、「終わらせたらいけない」と語った
  • ネットではAKBグループすべてのメンバーを思うその気持ちに賛同の声が上がっている

指原莉乃 苦言に賛同の声…NGT48山口事件に「納得してない」

指原莉乃 苦言に賛同の声…NGT48山口事件に「納得してない」

指原莉乃 苦言に賛同の声…NGT48山口事件に「納得してない」の画像

指原莉乃(26)が3月24日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、NGT48・山口真帆(23)に関する記者会見を開いたAKSについて苦言を呈した。ネットでは指原を支持する声が上がっている。

22日に開かれた会見でAKSは、山口に起こった事件について釈明していた。しかしそのさなか、山口は自身のTwitterを更新。会見内容について《なんで嘘ばかりつくんでしょうか》といった反論をいくつも投稿し、《松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました》とも言及した。山口の行動は大きな反響を呼び、なかには10万回以上のリツイートや19万回の“いいね”を記録するツイートもあった。

「ワイドナショー」で、指原はTwitterのダイレクトメッセージで山口と連絡を取ったと報告。今回起こった事件について番組で触れると伝えたところ、山口からは「ご迷惑かけてすみません」との返信があったとも明かした。

指原は「私の周りのメンバーも、『なんでこうなっているんだろうね』という感じで全員納得はしていない」とコメント。さらに疑問をこう投げかけた。

「AKSが第三者委員会に依頼したわけじゃないですか。そうなるとAKSよりの意見になってしまうんじゃないかと思ったんです。その間に誰を立てたらうまくいくのか」

続けて「これで終わりで、解決したと会社が思っちゃいけない。終わらせたらいけない」と語り、「先日、何人かの会社の人間にこのままで終わるんですかと言いました。第三者委員会が動いているから待ってほしいと言われて、これだった。ちょっと何かしないと」と焦りをみせていた。

番組の放送前、Twitterで《モヤモヤせずにみんなが、まほほんが、アイドルしてほしいです》ともつづっていた指原。山口だけでなく、AKBグループすべてのメンバーを思うその気持ちに賛同の声が上がっている。

《まほほんに直に連絡も取ってくれてたんだな……。前回もだけど迂闊な発言ができない中、言葉を慎重に選んでよく言ってくれたと思う。ありがとう》
《難しい立場だろうに頑張ってくれてたし、、まほほんとやり取りしてくれてたんだなあと こんな形で関わり合い持つんじゃなくて、違う形で二人とも関わりたかっただろうに》
《さっしーの動きを注視しつつ、俺たちは俺たちのできることをやろう》

関連記事(外部サイト)