「ドクターX」10月続編へ!米倉涼子ギャラは衝撃の1億円に

米倉涼子『ドクターX』が10月復活か 『リーガルV』も平均視聴率15%超えを記録

記事まとめ

  • 米倉涼子主演『ドクターX』の今秋復活が決定したと、芸能プロダクション関係者が語る
  • テレビ朝日内の幹部以外は“超極秘扱い”らしく、決定なら2年ぶりの放送となる
  • 『リーガルV』も平均視聴率15%超え、米倉の『ドクターX』ギャラは1本800万円以上とも

「ドクターX」10月続編へ!米倉涼子ギャラは衝撃の1億円に

「ドクターX」10月続編へ!米倉涼子ギャラは衝撃の1億円に

「ドクターX」10月続編へ!米倉涼子ギャラは衝撃の1億円にの画像

「米倉さんの『ドクターX』が今秋に復活すると決まったんです! まだテレビ朝日内の幹部以外はほとんど知らない“超極秘扱い”。それだけ上層部が並々ならぬ思いで臨んでいるということです」(芸能プロダクション関係者)

米倉涼子(43)演じる『ドクターX〜外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)。最近は「やる・やらない」と情報が錯綜してきたが、今年10月期で2年ぶり放送が決定したという。

「私、失敗しないので」の決めセリフとともに、第5シリーズまで放送。平均視聴率20%以上を叩き出し、一昨年に放送された前作の最終回も25.3%を記録していた。しかしさらなる新作が待望されるなか、昨年は新ドラマ『リーガルV』がスタートしたのだ。

「米倉さんは女優として『ドクターX』の色がつきすぎることを良しとせず、続編に難色を示していたんです。一時は『もうやらない!』とも言っていたそうで、シリーズ終了の噂も浮上していました」(別の芸能プロダクション関係者)

『リーガルV』では天才外科医から弁護士に“キャラ変”したものの、ここでも平均視聴率15%超えを記録。結果を残したことで、『ドクターX』の復活は遠のくかと思われた。しかし、テレビ朝日は水面下で米倉に熱烈なラブコールを送り続けていた。

「『リーガルV』もヒットしましたが、やはり『ドクターX』は確実に視聴率20%超えを見込める超優良コンテンツ。今年は開局60周年という記念イヤーでもあるため、米倉さんサイドと極秘裏で『ドクターX』の復活を粘り強く交渉してきました」(テレビ朝日関係者)

それでも、当初は難色を示していたという米倉。最終的に復活を決めた陰には、テレビ朝日から出された“破格の待遇”があったという。

「米倉さんの『ドクターX』のギャラはこれまでも女優トップクラスで、“1本500万円以上”といわれていました。しかし今回はさらにアップ。1本800万円以上が提示されたそうです。ドラマが放送される3カ月間で、総額約1億円! これほどの額は聞いたことがありません。そうした局の本気度に、米倉さんもついに首を縦に振ったそうです」(テレビ局関係者)

6度目も失敗はなさそうだ。

関連記事(外部サイト)