雅子さま “直前の欠席”がゼロに!目覚ましいご回復ぶりで前例なき「お誕生日会見」の可能性も

雅子さまの『直前の欠席』がゼロに 還暦を迎える誕生日に記者会見の場を設ける可能性

記事まとめ

  • 雅子さまは体調が整わないために、公務の取りやめを余儀なくされることが度々あった
  • しかしこの数年、欠席は激減し、2023年は直前での欠席はゼロとなっている
  • 還暦を迎える記念すべき誕生日に記者会見の場を設けることも検討しているらしい

雅子さま “直前の欠席”がゼロに!目覚ましいご回復ぶりで前例なき「お誕生日会見」の可能性も

雅子さま “直前の欠席”がゼロに!目覚ましいご回復ぶりで前例なき「お誕生日会見」の可能性も

雅子さま “直前の欠席”がゼロに!目覚ましいご回復ぶりで前例なき「お誕生日会見」の可能性もの画像

秋晴れの下、皇居・桃華楽堂に天皇陛下雅子さまをはじめとして、上皇ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら、皇室の方々がお見えになった。11月20日に開かれた、皇宮警察音楽隊の創設70周年記念演奏会を鑑賞されるため、久しぶりに公の場でご家族が一堂に会されたのだ。

会場の扉が開くと、先頭を陛下と雅子さまがいつもよりゆっくりとお席に向かって歩かれている。座席に向かう階段を上り始めたとき、雅子さまが後ろを振り返られた。

「上皇さまと美智子さまが階段を踏み外されないよう、雅子さまはお手を伸ばして誘導されていました。上皇ご夫妻がお席に座られるまで、慎重に気遣われていらっしゃったのが印象に残りました。また、コロナ禍の間はご家族で集まれなかっただけに、控室ではさまざまな会話を楽しまれていらっしゃったと伺っています」(宮内庁関係者)

マスク越しにも見て取れるほど、雅子さまのご表情は明るかった。

2003年12月3日、帯状疱疹の診断を受け、ご公務を取りやめてご療養に入られた雅子さま。その翌年には適応障害の診断を受け、ご症状との闘いの日々がこれまで続いてきた。

20年前から一時期失われてしまった笑顔の輝き。雅子さまは陛下と愛子さまのご助力を得ながら、着実に取り戻されていた。その証左が、上皇ご夫妻を気遣われていた光景に見て取れると、精神科医の香山リカさんは指摘する。

「私が診てきた方のなかにも、“周囲の人のために力になりたい”と希望される方がいらっしゃいます。しかし回復の途中と判断される場合は、『もう少し回復してから取り組んでみてはいかがでしょうか』と提案します。

雅子さまが上皇ご夫妻のお足元を気遣われていたということは、着実に回復されているいちばんの証拠であると思います。主治医の方もご体調を診ながら、雅子さまのお気持ちに添うアドバイスをしているのでしょう」

雅子さまはご体調が整わないために、ご公務の取りやめや行事の開始直前での欠席を余儀なくされることがたびたびあった。しかしこの数年、欠席は激減し、2023年は直前での欠席はゼロ。反対に、陛下単独での出席と発表されていた行事に、出席することが可能になっているのだ。

■直前の欠席はゼロ!宮中で新たな試みも

皇室担当記者はこう話す。

「たとえば、5月の第50回戦没・殉職船員追悼式や、7月の第79回日本芸術院授賞式などは、当初“陛下単独”でのお出ましと発表されていましたが、雅子さまも一緒に出席されることが直前に発表されています。

もとより陛下のご臨席を仰ぐ式典や行事などでは、国内最高レベルの警備体制が敷かれており、お席やご動線もそれに則して準備されています。直前で両陛下のご出席となっても、大幅に変更する必要はなく、警備も受け入れ団体側も対応しやすいので、混乱は生じないのです。

雅子さまは、ご出発の時間ギリギリまで、懸命に体調を整えられていたと聞いています。陛下もそうした状況を雅子さまのお側で見守られながら、ご同行できる場合に備えていらっしゃいます。雅子さまが療養されるなかで、お二人でノウハウを重ねられ、お務めを果たせるように向き合われてこられたのです」

長期ご療養で苦しい日々を過ごされる雅子さまに対して、時として宮内庁内からも批判され、国民からも厳しい声が上がるなかでも、陛下は寄り添い続けられてきた。ご即位後もそうした姿勢を変えることはなく、お務めを果たすなかでさらに磨き上げてこられたのだ。 前出の宮内庁関係者は、

「皇后のお務めとされているご養蚕も、ご都合が合えば陛下と愛子さまがご一緒に立ち会い、作業を手伝われることがたびたびあります。こうしたなさりようは、雅子さまをご一家で支えられる形の表れともいえます。

新しい試みといえば、11月17日に来日したキルギスの大統領夫妻の昼食会で手まりずしなどの和食が前菜として供されましたが、このアイデアは両陛下のご発案だったと聞いております。

明治時代以来、海外からの賓客をおもてなしする食事は一貫してフレンチでしたが、現代では和食は世界中に広まり親しまれています。宮中の慣例からいえば画期的な“改革”だといえるでしょう。国際的な感覚が洗練されている両陛下らしいお心遣いが形になっていると感じました」

長いご病気との闘いの末、皇后としてのお務めに臨むことにご自信を深められている雅子さま。12月9日、還暦を迎えられるが、お誕生日にあたって、記者会見の開催を期待する声もあるという。

「慣例では、皇后さまのお誕生日に伴う記者会見はなく、文書で“ご感想”が発表されます。雅子さまはご療養に入られる以前は、外国ご訪問を控えたタイミングなどで記者会見に臨まれておりましたが、以降はメディアを通じて国民に直接お話しされる機会はほとんどありませんでした。

じつは、お誕生日に際して記者会見の場を設けていただきたいという要望もあるそうです。前例はありませんが、雅子さまも、還暦を迎える記念すべきお誕生日に“国民に直接話す機会があれば”とご検討中だと聞きます。

雅子さまは会見の場で、広く国民に対してお気持ちを、そして陛下に対して積年の感謝を伝えたいとお考えになっているのだと思います」(前出・宮内庁関係者)

涙に満ちた20年の闘いに区切りをつける、澄み切った青空のような「全快宣言」。それは、陛下への感謝に満ちあふれ、国民にとっても喜ばしいものになるはずだ。

関連記事(外部サイト)

  • 2

    回復を遅らせた大きな原因の1つは、マスゴミだろう。「公務に出れないだと?」とさんざん叩き、世間をあおっておいて、風向きが変わったら今度は「持ち上げる」。もっと骨のあるマスコミであるべき。

  • 1

    「体調次第」の文言は使わないと発表したはずなのに未だにマスコミは使っている。使うことが記事にするルールになっているように見えます。会見はしなくても良いと思います。写真と文章だけで充分です。「前例なし」を嫌う宮内庁なのに無理強いはしませんよね。

すべてのコメントを読む