水谷豊、監督・脚本を務めた映画『轢き逃げ−最高の最悪な日−』誕生秘話を語る

記事まとめ

  • 水谷豊が自身で監督・脚本を務めた映画『轢き逃げ』誕生秘話を語った
  • 水谷の監督作品は、17年公開『TAP−THE LAST SHOW−』に続き、本作で2作目
  • 本作で水谷は轢き逃げの被害女性の父親役も務め、中山麻聖、石田法嗣も出演する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております