オードリー春日の婚前浮気から考える「結婚直前の男性心理」

オードリー春日の婚前浮気から考える「結婚直前の男性心理」

オードリー春日の婚前浮気から考える「結婚直前の男性心理」の画像

先日、お笑いコンビ『オードリー』の春日俊彰さん(40)が10年以上付き合っていた彼女クミちゃんにテレビ番組内で公開プロポーズ。もちろん結果は大成功で感動の嵐を呼んだ……のですが、その数日後になんと別の女性と浮気をしていた姿を週刊誌にスクープされてしまいました。

これを受け、春日さんは涙ながらに謝罪。相方の若林正恭さん(40)も「マジで申し訳ない。クミさん、そしてモニタリングを見てくださったみなさん、スタッフさんにもそうだよ」と怒り混じりのイジりをラジオで公開しました。

春日さんのこれからがどうなるかはわかりません。ただ過去に筆者が取材した中には結婚直前だからこそと遊びに興じていた男性や、今回のように並行していた浮気相手との関係を継続していた人もいました。

男女でくっきり別れるものではありませんが、婚前浮気の男性心理とはどのようなものなのでしょうか。

■男のマリッジブルーは浮気に走ることも多い

婚前浮気と一言で言っても、2パターンあります。

1つは春日さんのように婚前関係なく特定の相手と浮気し続けていたタイプ。そしてもう1つが結婚前だから……という理由で“最後の遊び”を繰り広げるタイプです。

前者については後で理由を述べていきますが、婚前だからこそはじけたいという心理はある種のマリッジブルー行動といえます。婚約中は本来、不安があっても基本的には幸せの中にいるものです。でも不安のほうが幸せよりも勝ってしまうと、男性に限らず人は浮気に走ったりします。

パートナーの婚前浮気が心配な方はまず結婚に対する不安を軽減したり、相手とのパートナーシップが婚約期間により深まるような努力をしたりすることが、防止するための秘訣かもしれません。

■嫁は嫁!浮気は浮気!という割り切り

婚前浮気と言い切ってしまっていいかわかりませんが、男性の中には結婚当初から「嫁は嫁、浮気は浮気」と割り切る関係性を受け入れている人が少なからずいます。

過去に取材した女性を例にあげましょう。彼女は長期にわたって浮気関係にあった男性から「俺、もうすぐ結婚するけど、変わらず遊ぶからよろしくね」と言われたそうです。女性は「自分は浮気相手である」という自覚があったので傷ついたりはしなかったものの、「流石に奥さんになる人が不憫でならない……」と思ったそうです。

そもそも浮気を長期的に続けてそのまま結婚する人は男女のどちらもいますが、比較的男性の方が多いように思います。それは女性の本能的な部分で“結婚=子作りやパートナーシップの準備が必要=相手を絞った方がいい”という発想になるからかもしれません。

春日さんの場合はどんな気持ちで浮気をしていたのか……。なんとなく宇宙人的な天才肌のイメージなので、意外と何も考えてなかったりするのかもしれません。今回の浮気でのイメージダウンは多少あるとは思いますが、もともといい人やいい男キャラで売り出しているわけではありませんでした。また結婚前なので、ご覧の通りあまり話題になっている感じがしません。

ただ、これが不倫だったら批判の大きさは違ったのではとも思います。つまり世間の“不貞”に対する批判は結局のところ不誠実さが問題なのではなく、違法行動であるかどうかが論点になっているだけ。そんなニンゲンの思考停止している姿が、このスクープからは感じるのでした。

(文・イラスト:おおしまりえ)

関連記事(外部サイト)