松嶋菜々子ハマる中国書道、『なつぞら』現場でも熱烈トーク

『なつぞら』で広瀬すずの"育ての母"演じる松嶋菜々子、今ハマっている中国書道

記事まとめ

  • 連続テレビ小説『なつぞら』で、広瀬すずの"育ての母"を演じている松嶋菜々子
  • 今作は山口智子、小林綾子、比嘉愛未ら、かつての朝ドラヒロインの集結でも話題だ
  • 最近の松嶋は中国書道にハマっており、撮影現場でもその魅力を語っているとか

松嶋菜々子ハマる中国書道、『なつぞら』現場でも熱烈トーク

松嶋菜々子ハマる中国書道、『なつぞら』現場でも熱烈トーク

松嶋菜々子ハマる中国書道、『なつぞら』現場でも熱烈トークの画像

連日、視聴率20%台をキープして絶好調の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK系)。96年の『ひまわり』でヒロインを演じた松嶋菜々子(45)は今回、広瀬すず(20)の“育ての母”柴田富士子役を演じている。今作は山口智子(54)、小林綾子(46)、比嘉愛未(32)ら、かつての朝ドラヒロインが集結していることでも話題だ。

ドラマ関係者はこう語る。

「特に松嶋さんは元ヒロインの方々によく声をかけています。お互いの近況報告をされているそうですよ。最近の松嶋さんはオフの日になると中国古典書道の教室に通っていて、目を輝かせて中国書道の魅力について語っているそうです」

松嶋がハマっている中国書道とは普通の書道と何が違うのか。

「もともとの漢字の字の変遷をよく理解して、さまざま書体で書く技術を重んじている書法のことです。新しく学ばれる大人の女性が増えています」(書道教室スタッフ)

松嶋はなぜ、中国書道の虜になったのだろうか。

「2015年に放送されて主演したスペシャルドラマ『レッドクロス〜女たちの赤紙』(TBS系)のロケで1カ月程中国に滞在したことがそのきっかけだそうです。様々な中国文化に触れて、その歴史の深さに興味を持つようになったとか。ようやく2人の子育てがひと段落したことで、仕事や自分の趣味に費やす時間ができ、ずっと習いたかった中国書道の教室に通い始めたそうです。あわせてスポーツジム通いは出産後から欠かさず続けており、今も時間を見つけては週2回必ずトレーニングしているそうです」(NHK関係者)

なつがアニメなら、「富士子」は書に夢中だった!

関連記事(外部サイト)