NGT早川支配人 第三者委員会と食い違う投稿「火に油」と物議

【山口真帆が暴行被害】NGT48早川麻依子支配人のツイートが再び物議を醸す

記事まとめ

  • NGT48早川麻依子支配人が『第三者委員会と食い違う投稿』をし、再び物議を醸している
  • 山口真帆の暴行被害事件を巡るツイートだったが、この投稿に疑問の声が上がった
  • Twitterでは「第三者委員会で繋がりは認められていましたよね?」などと、困惑する声

NGT早川支配人 第三者委員会と食い違う投稿「火に油」と物議

NGT早川支配人 第三者委員会と食い違う投稿「火に油」と物議

NGT早川支配人 第三者委員会と食い違う投稿「火に油」と物議の画像

NGT48の早川麻依子支配人がTwitterで第三者委員会の報告書と食い違うような内容のツイートを投稿したことで再び物議を醸し、ファンの不信感をあおってる。

問題とされている早川氏のツイートは、山口真帆(23)の暴行事件が発覚した際に浮上したメンバーとファンとの“つながり”についてのもの。5月26日、早川氏は《報告書に出ている、具体的に名前が挙がった12人》について「人から聞いた」「つながっていると思う」といったものだとし、《曖昧な話ばかり》と投稿。さらに《処分しようにも全く証拠がありません》とメンバーの潔白を主張した。

ところが同ツイートには疑問の声が上がった。というのも3月21日にNGT48の公式ホームページにアップされた「第三者委員会調査報告書」の冒頭部でAKSは“つながりがあった”と認め、こう反省している。

《責任を問われるべきなのは、組織運営に問題があり、スタッフ及びメンバーに対して、事前に明確な基準を示して適切な指導ができていなかった当社であることから、今までのNGT48内での私的領域におけるファンとのつながりを含め、風紀の乱れ全般は、今回は不問に致します》

さらに同書の21ページでは“つながり”について《本件調査の中で,「噂」レベルではなく,具体的な事実として垣間見ることができた》と明かされている。例えば被疑者の1人と思われる男性と他メンバーの行動に関する内容を話すメンバーがいたり、もう1人の被疑者に山口の家に行くことについて相談していたメンバーがいたことなどを列挙していた。

そのためTwitterでは、困惑する声が上がっている。

《第三者委員会で繋がりは認められていましたよね?》
《もう『第三者委員会』の調査自体信用に値しないという事を言っているのと同じなんですけど》
《第三者委員会と食い違う発言は信憑性ゼロの火に油》

早川氏はTwitter始動当初、《メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います》とツイートしていた。しかし投稿のたびに厳しい声が上がっている。

関連記事(外部サイト)