“芸能界スピード離婚第1号”柳澤愼一 61年ぶりに映画主演へ

“芸能界スピード離婚第1号”柳澤愼一 61年ぶりに映画主演へ

“芸能界スピード離婚第1号”柳澤愼一 61年ぶりに映画主演への画像

「ジャズ歌手や喜劇役者をしていたのは60年も昔の話。当時の私を覚えていない人も多いでしょう」

俳優・柳澤愼一(86)さんは静かに語り始めた。昭和30年から50年代にかけて軽妙な演技と美声で一世を風靡した柳澤さん。実は“戦後芸能界スピード離婚第1号”という記録の持ち主でもある。

’57年に人気女優だった故・池内淳子さん(当時23歳)と結婚したものの、わずか3カ月で破局。2人とも離婚理由について語ろうとしなかったが、バッシングを受けたのは柳澤さんだった。

「親族や世間からどんなことを言われても、一切の弁明もしなかったため、おかげで私は『女性の敵!』とたたかれました。仕事も激減したのです」

その後もアメリカのドラマ『奥さまは魔女』吹き替え版ではダーリン役を担当したり、時代ドラマに出演するなど、芸能活動を続けてきた。だが今回はなんと61年ぶりに『兄消える』(東京・渋谷『ユーロスペース』ほかで上映中。5月31日からテアトル梅田など、全国で順次公開予定)で映画主演を務めることに。

「離婚直後の’58年夏に公開された『酔いどれ幽霊』以来になります。プロデューサーがいろいろなツテをたどって、私を捜し出してオファーをしてくれました。その熱意と映画に懸ける思いに報いたいと思ったのです。もちろん主演を務める不安もありましたが、たとえ赤っ恥をかいたところで、もう86歳ですからね。開き直りもありました」

ストーリーは性格が対照的な老兄弟を中心に進む。柳澤さんはいわくありげな女性を連れて、40年ぶりに実家に帰ってきた自由気ままな80歳の兄・金之助を熱演。親が残した町工場を細々と営む、真面目な76歳の弟・鉄男はベテラン俳優・高橋長英が演じた。

「せりふもけっこうすんなり覚えることができました。ちゃらんぽらんな役を真面目に演じるのは非常に難しいこと。でも、私は結局負けず嫌いなんでしょうね」

足腰が悪いため、日常生活ではつえを使用しているが、あえて演技中は使わなかった。そんな苦労を感じさせない軽妙な芝居が展開される。

「金之助のさりげないせりふ『人生に無駄なことは何もない』に作品のテーマが集約されていると思っています。私はこの作品を『遺作にする』という覚悟で臨みました。『早く上映しないと、死んじゃうよ!』と周りに言い続けていたので、ついに公開されて喜びもひとしおです(笑)」

関連記事(外部サイト)