倖田來未別荘に4億円オファー 建設わずか3年で2倍に高騰

倖田來未別荘に4億円オファー 建設わずか3年で2倍に高騰

倖田來未別荘に4億円オファー 建設わずか3年で2倍に高騰の画像

「4月上旬のことです。倖田さんの別荘に、清掃業者が来ていたんです。彼女も立ち会っており、ゴミの撤去をしているようでした。すると翌週、別荘を見に来る人の姿が。後で聞いたのですが、購入を検討している人だったそうです」(近所の住民)

神奈川県内の高級リゾート地にある倖田來未(36)の別荘。実は今、この別荘を求める人が押し寄せているという。

本誌は16年6月、この “海辺の大豪邸”の存在をスクープした。入江の浜辺から続く崖を切り崩し建てられた、コンクリート打ちっぱなしの3階建て。美しい海を一望することができるうえに、別荘からビーチまでにはらせん階段。階段を下りればすぐ海に出られるというプライベートビーチ付き――。さらに音楽スタジオやプールも敷地内にあるという豪邸は森に囲まれており、プライバシー対策も万全。そんなこだわりいっぱいの別荘は当時、“少なくとも2億円”ともいわれていた。

だが、あれから3年。その価値が2倍に高騰しているのだ。地元の不動産関係者はこう語る。

「実は、内見された方は『4億円を出してでも欲しい!』と言っているそうなんです」

なぜ、これほど価値が上昇しているのか。そこには理由があった。

「普通なら家が建たない崖の上という立地で、造成にはばくだいな金額がかかる。そのため、以前はこの辺りは別荘なんてありませんでした。しかし倖田さんが別荘を建ててからこの立地の価値がみとめられたのか、少しずつ周りにも家を建てる人が出てきたんです。また倖田さんの別荘にはレコーディングルームなども完備されているなど、オンリーワンな造りになっています。つまり“欲しい人は欲しい”家になっているんです」(前出・不動産関係者)

周辺環境の変化に加え、希少性も備えた物件。それが彼女の別荘の価値を押し上げているようだ。倖田は11年、2人組バンドBACK-ONのボーカル兼ギターのKENJI03(34)と結婚。翌12年7月に男児を出産している。夏になると家族とともに別荘に訪れ、羽を伸ばしていた倖田。彼女はそうした“思い出の別荘”を売ってしまうのだろうか。

だが、所属事務所に確認するとこんな答えが返ってきた。

「売却の事実はありません。家族水入らずで過ごせる別荘を倖田も気に入っていて、手放す予定はないと言っています」

2億円のもうけよりも、家族の時間を優先する倖田。余裕を見せる財テク才女の別荘は、ますます価値が高まりそう?

関連記事(外部サイト)