薬丸裕英 ブログでジャニー氏の回復願う、過去にも意味深投稿

薬丸裕英 ブログでジャニー氏の回復願う、過去にも意味深投稿

薬丸裕英 ブログでジャニー氏の回復願う、過去にも意味深投稿の画像

ヤックンことタレントの薬丸裕英(53)が7月2日、自身のブログを更新。1日にくも膜下出血で入院中と発表されたジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長(87)の回復を願った。

薬丸は《回復をお祈りしてます》のタイトルでブログを更新。《私の人生の恩人ジャニーズ事務所ジャニー喜多川社長が6月18日に病院に緊急搬送されたと関係者の方からお聞きし、驚くとともにご容態を心配しており、その日から毎日、回復を願い続けております》と胸中をつづった。

そして《昨日、正式に発表があり病名を知りました。一日も早い回復を引き続き心よりお祈りしております》とした。

「薬丸さんはジャニーズに入所後、1981年にドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー。翌年に『シブがき隊』としてデビューし、トップアイドルに登りつめました。グループは88年に解散。薬丸さんは翌年にジャニーズを退所していますが、その後もジャニーさんのことを親のように慕い続けています」(テレビ局関係者)

ジャニー氏が都内の病院に緊急搬送されたのは6月18日。7月1日に事務所が発表したが、その前から薬丸はブログでジャニー氏の容体を心配するかのような書き込みをしていた。

6月21日には《ここ数日 極度の睡眠不足 寝ても覚めても 想い出が走馬灯のように駆け巡る》と容体を心配するかのような書き込みが。また28日にも《回復する事を願って空を見上げる》と書き込んでいた。

今回の発表を受け、改めて想いをつづった薬丸。今後もブログでジャニー氏にエールを送り続けそうだ。

関連記事(外部サイト)