ジャニーさん死去にSNS追悼続々…多くの才能送り出した“偉業”

ジャニーさん死去にSNS追悼続々…多くの才能送り出した“偉業”

ジャニーさん死去にSNS追悼続々…多くの才能送り出した“偉業”の画像

解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のためジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)が7月9日に都内の病院で死去。発表から一夜明けた10日、元ジャニーズ事務所に所属していたタレントたちが続々と自身のSNSでジャニーさんを追悼した。

元シブがき隊の薬丸裕英(53)、元光GENJIの大沢樹生(50)、歌手の川崎麻世(56)、元男闘呼組の前田耕陽(50)、たのきんトリオとして活躍した野村義男(54)、俳優の中村繁之(51)ら。いずれもジャニーさんが見出した人たちで、それぞれがジャニーさんの温かい人柄を思い起こさせる思い出話を明かしていた。

「ジャニーさんは才能を見出す天才でした。野村さんや田原俊彦さん(58)、近藤真彦(54)さんと組んでいた『たのきんトリオ』が大ブレークしたほか、次にシブがき隊がデビューしてヒット曲を連発。少年隊がヒットして勢いに乗るなか、光GENJIが登場して国民的アイドルグループに成長。男闘呼組はジャニーズとしては珍しい本格的なバンドで話題になりました」(芸能記者)

事務所を離れても、慕われていたジャニーさん。川崎や中村も、ジャニーさんが見出した。

「川崎さんは14歳で歌手デビューするや、ブロマイドが大人気となって一躍トップアイドルに。その後はジャニーさんが俳優転向させるべく、演技を仕込んだといいます。また中村さんはグループでデビューしましたが、自然消滅。ソロに転して俳優・歌手業を両立。フジのドラマ『な・ま・い・き盛り』で中山美穂さん(49)の相手役をつとめるなどして、人気が急上昇しました」(前出・芸能記者)

ジャニーさんのおかげでスターの座に登り詰めた“子ども”たち。その“偉業”は、これからも芸能界で輝き続けることだろう。

関連記事(外部サイト)