蛍原徹に現場からも応援続々「みんなで盛り立てていきたい」

【吉本興業が宮迫博之との契約解消】芸人からも相方・蛍原徹を心配する声あがる

記事まとめ

  • 吉本興業は、謹慎中だった雨上がり決死隊・宮迫博之のマネジメント契約を解消した
  • 雨上がり決死隊は5本のレギュラーがあり、謹慎後は蛍原徹が1人でこなしていた
  • 田中卓志、ほっしゃんこと星田英利、藤本敏史は番組などで蛍原について語った

蛍原徹に現場からも応援続々「みんなで盛り立てていきたい」

蛍原徹に現場からも応援続々「みんなで盛り立てていきたい」

蛍原徹に現場からも応援続々「みんなで盛り立てていきたい」の画像

7月19日、吉本興業は闇営業問題で謹慎中だった「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)のマネジメント契約を解消したと発表した。

5本のレギュラー番組を持っていた「雨上がり決死隊」。宮迫が謹慎した後の収録は相方の蛍原徹(51)が1人でこなしていた。その孤軍奮闘に、芸人たちからも心配の声が上がっていた。

「アンガールズ」の田中卓志(43)は19日放送のフジテレビ系「バイキング」に出演。「宮迫さんがいなくなった現場で、その場をしっかり保てるようがんばっていた。僕もその現場に入って、そこを見ていた」と明かしている。

また元「ほっしゃん。」こと、お笑い芸人の星田英利(47)は同日、自身のツイッターを更新。デビュー以来、蛍原に世話になったことを明かしたうえで《真っ直ぐで漢気の強いお方、今いろんなところでいろんな人に頭を下げまくってはるのは想像に難くない。それが一番ツライ》とつづった。

そして「FUJIWARA」の藤本敏史(48)は同日、MBSの情報番組「ミント!」に生出演。蛍原に電話をかけたことを明かし「『大丈夫や』と。声には元気なくて……」と語っていた。

「3人の言動からもわかるように、蛍原さんは芸人たちから慕われています。また普段からスタッフへの気遣いも忘れない人。そんな蛍原さんが気落ちしている姿を見ていられません。今後、みんなで盛り立てていこうと話しています」(民放キー局のバラエティ班スタッフ)

ネット上でも蛍原に対し《蛍原さんが気の毒すぎる》《ピン芸人として頑張って欲しい》《ショックでしょうが乗り越えてください》と続々と“声援”があがっている。

関連記事(外部サイト)