松本潤や亀梨和也も被災地へ 有言実行ジャニーズに称賛続々

松本潤や亀梨和也も被災地へ 有言実行ジャニーズに称賛続々

松本潤や亀梨和也も被災地へ 有言実行ジャニーズに称賛続々の画像

嵐の松本潤(36)やKAT-TUNの亀梨和也(33)らジャニーズ事務所に所属するタレントらが、9月22日に大型台風15号の被害を受けた千葉県館山市で炊き出しを行ったと報じられた。

各メディアによると、松本と亀梨の他に関ジャニ∞の丸山隆平(35)、Hey! Say! JUMPの有岡大貴(28)・八乙女光(28)やNEWSの小山慶一郎(35)・増田貴久(33)、Kis-My-Ft2の玉森裕太(29)もグループの垣根を超えてボランティア活動に参加したという。

松本らはキッチンカーで同市にあるホテルを訪れ、カレーや飲み物などをふるまったという。約800人の被災者を元気づけた彼らの行動に、称賛の声が続々と上がった。

実は同日予定されていた「KAT-TUN LIVE TOUR 2019 IGNITE」福岡公演は台風17号の接近に伴って中止に。そんななかで、亀梨の機転を利かせた行動にも称賛の声が寄せられた。

《福岡公演が中止になってオフになった亀梨くんがボランティア行くってほんと裏切らないよね やっぱ亀梨くんのこと好きになってよかったあ》
《亀梨くん凄いなー! 昨日福岡でライブして、Going!にも出演して、今日のライブ中止になったけどボランティアして…素敵だな》

今月18日には、ジャニーズアイランドの滝沢秀明社長(37)も同台風の被害に遭った千葉県内でがれき撤去作業を行ったと報じられたばかりだ。

これまでにもジャニーズ事務所は、阪神淡路大震災(95年)では「J-FRIENDS」、東日本大震災(11年)では「Marching J」のプロジェクトを立ち上げて支援活動を行ってきた。18年7月からは「Johnny’s Smile Up ! Project(ジャニーズ・スマイルアップ・プロジェクト)」を立ち上げ、社会貢献・支援活動に力を注いでいる。

公式サイトによると、同プロジェクトの理念をこのように掲げている。

《エンタテインメントに触れていただく時間も、困難な状況が訪れた時も、どんな時でも“一人でも多くの皆様が笑顔になれる”時間が提供できる企業でありたいと思っております》

そして、《「Johnny’s Smile Up ! Project」は、“いつも皆様の手の届くところにあって、ほほ笑みかけている”、そんな存在でありたいと思います》とファンを大切に思う気持ちがつづられている。

この理念を事務所一丸となって“有言実行”した今回の支援に、こんな声も上がっている。

《スマイルアッププロジェクトやってるのね!!!! 被災地が少しでも私たちの大好きなジャニーズで笑顔になるといいな やっぱりジャニーズって凄いなぁ、、こうゆうグループを好きでほんとによかった!! 私たちの誇りです!》
《すばらしい! 来てくれるだけで、元気を与えられるって、みんながみんなできる事じゃないから!》
《被災地激励で炊き出しに行ってくれた8人のジャニーズ事務所の皆さんありがとうございます。元気づけられたと思います。事務所が大規模災害の被災地で実施している『スマイルアッププロジェクト』松潤が子供達一人一人に『頑張って』と言葉をかけていた。感謝です》

関連記事(外部サイト)