錦戸亮 退所翌日の再始動に賛否「仕事早すぎ」「何だか複雑」

錦戸亮 退所翌日の再始動に賛否「仕事早すぎ」「何だか複雑」

錦戸亮 退所翌日の再始動に賛否「仕事早すぎ」「何だか複雑」の画像

ジャニーズ事務所を9月30日に退所した元・関ジャニ∞の錦戸亮(34)が、10月1日に公式サイトとSNSをオープンさせた。

日付が変わった直後、公式YouTubeチャンネルを開設し、「Point of Departure(=出発点)」のタイトルの動画を投稿。その後、開設した公式サイトで、自主レーベル「NOMAD RECORDS」の設立および、12月11日に第1弾のソロアルバム『NOMAD(ノマド)』のリリースを発表。さらに11月5日の福岡公演を皮切りに全国5カ所11公演のライブツアー開催、そして公式ファンクラブの開設も明かした。

開設したツイッターとインスタグラムには《この日の為に色々準備しなきゃなって考えてました。出来る限りの事はしたつもりです。予想外のことも沢山あるでしょうが、楽しく笑って超えていきたいと思います》との意気込みが書き込まれている。

「ひっそりと退所の日を迎えた錦戸さんですが、以前からソロ活動に向けて動き始めていたようです。独立初日にいきなり始動した反響は絶大で、YouTubeの公式チャンネルの登録者数は1日夕方までに8万6,000人を突破。フォロワーもインスタが35万人、ツイッターが28万人をそれぞれ突破しました」(芸能記者)

早々と始動した錦戸に対してネット上では《嬉しすぎて泣く》《仕事早すぎ》《eighterの涙を、一瞬で笑顔にかえてくれてありがとう!!》など続々と歓喜の声が。そのいっぽうですでにツアーも決定していたとあって、《エイトの仕事と並行して準備していたんだろうなあと思うと何だか複雑》《もう少し時間おいてからの活動の方がイメージいいような》など微妙な反応もあった。

関連記事(外部サイト)