『ナイトスクープ』OBが告白 松本新局長への発言に賛否

『ナイトスクープ』OBが告白 松本新局長への発言に賛否

『ナイトスクープ』OBが告白 松本新局長への発言に賛否の画像

大阪・朝日放送の人気バラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(毎週金曜午後11時17分〜)の新探偵局長に、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(56)が就任することが25日、同局で行われた収録で発表された。

同番組は、視聴者からの悩みや疑問を探偵役の出演者が調査するバラエティーで、1988年3月にスタート。

関西地区では、深夜帯の放送にもかかわらず、週間視聴率ランキングでゴールデンタイムの番組に混じってトップ20入りすることがあるほどの人気番組となっている。

初代の探偵局長を元タレントの上岡龍太郎氏(77)が務め、俳優の西田敏行(71)が01年1月から2代目局長に就任したが、今月18日の放送回で、11月22日の放送分をもって降板することを表明していた。

「ネットでは新局長候補として、大の阪神ファンである俳優の渡辺謙さん(60)、『関西の女帝』と呼ばれる上沼恵美子さん(64)らとともにも松本さんの名前もあがっていた。松本さんはちょうど、レギュラーだったTBS系『クレイジージャーニー』が不祥事で打ち切られたので、タイミングが合ったのでは」(テレビ局関係者)

そんな中、ネット上で話題を呼んだのが、同番組の第1回放送から95年3月まで探偵局員として出演していたタレントの越前屋俵太(57)のツイッターへの書き込み。

26日に更新したツイッターに《今回の局長人事。話題性もあるし、実際に松本君も番組が好きなんだろうけど》と前置きしつつ、《ある意味、制作側は番組存続のために、吉本に身売りしたようなものだ》と書き込んだのだ。

するとネット上では《いろんな畑の人が上岡局長に認められるため戦っていた時代が懐かしい》、《幅広い人選で探偵が揃っていたら良かったのに》といった同調の声があがった。

その一方で《松本さんなら上岡さんに負けないくらい厳しいジャッジができるんじゃないかと思ってる》など、松本の起用を期待する意見も。松本新局長に賛否入り混じった声が寄せられたのだ。もともと松本は番組の大ファンで、16年5月には、自ら依頼者としてVTR出演したほど。番組の“伝統”を松本はどう受け継ぐのか――。

関連記事(外部サイト)