『27時間テレビ』最低視聴率に「なぜスポーツ?」厳しい声

「27時間テレビ」の平均視聴率5.8%に ビートたけしが総合司会で村上信五とタッグ

記事まとめ

  • 「FNS27時間テレビ」の平均視聴率が5.8%だったことを、各スポーツ紙が報じた
  • ビートたけしが総合司会で番組キャプテンの関ジャニ∞・村上信五と3年連続のタッグ
  • さんまの企画「ラブメイト10」や太田光が登場の「さんまのお笑い向上委員会」も

『27時間テレビ』最低視聴率に「なぜスポーツ?」厳しい声

『27時間テレビ』最低視聴率に「なぜスポーツ?」厳しい声

『27時間テレビ』最低視聴率に「なぜスポーツ?」厳しい声の画像

2日から3日にかけて放送された、フジテレビ系の特番「FNS27時間テレビ」の平均視聴率が5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことを、各スポーツ紙が報じた。

同番組ではビートたけし(72)が総合司会を務め、番組キャプテンの関ジャニ∞・村上信五(37)と3年連続のタッグを結成。

今年は3年ぶりに生放送を中心の構成で、初の11月放送。番組テーマは「にほんのスポーツは強いっ!」。2人が、さまざまな角度からスポーツを掘り下げた。

「来年の東京オリンピックを控えているだけに、スポーツに興味がない人でも楽しめるバラエティーのような切り口で展開。視聴者がノッてくれるはずだと、制作サイドはかなり期待していたようでしたが…」(フジ関係者)

フタを空けて見ると、瞬間最高視聴率は3日の午後6時54分の12.8%で、まったく今回のスポーツ企画と関係のない定番の人気アニメ「サザエさん」だった。

さらに、ネットニュースの記事で拾われたのは、明石家さんま(64)が気になる女性をカウントダウン形式で紹介する企画「ラブメイト10」や、お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(54)が登場して吉本興業の不祥事をいじりまくった番組内で放送の「さんまのお笑い向上委員会」だった。

ネット上では《もうこういうの求められてないんだと思う》、《どこを切り取ってもダラダラとくだらない企画ばかり》、《まさにバラエティーの成れの果て》など、今回の企画に“酷評の嵐”が……。

今年の反省を糧にして、来年の「27時間テレビ」は、どうなるのだろうか。

関連記事(外部サイト)