酒井法子熱愛でファン離れ懸念か 今も支えるのりピー世代たち

酒井法子熱愛でファン離れ懸念か 今も支えるのりピー世代たち

酒井法子熱愛でファン離れ懸念か 今も支えるのりピー世代たちの画像

歌手の酒井法子(48)が「日本M&Aセンター」専務取締役の大槻昌彦氏(49)と交際していることを、12月5日発売の「週刊文春」(文芸春秋)が報じた。

同誌によると、大槻氏はもともと酒井の大ファン。2人が11月末に都内のステーキ店で食事を楽しむ姿や、タクシー車内での親密な様子を掲載。酒井がたびたび大槻氏の自宅に出向き、週の半分ほどを過ごしていることも報じられた。

「酒井さんは09年の薬物事件で執行猶予付きの判決を受け、その後で芸能界に復帰。最近は亡き建設会社会長に提供してもらっていた住居をめぐり、会長の親族とトラブルになっていることが報じられていました。そんな酒井にとって、今回の熱愛報道は久しぶりに明るい話題となりました」(芸能デスク)

酒井の所属事務所は同誌に対して交際を完全否定している。というのも、熱愛報道は仕事にも影響しそうだという。

「今の酒井さんを支えているのは、昔から“のりピー”と呼んで応援してきた世代。彼らにとって、やっぱり酒井さんは永遠にアイドルなのです。今月には3本のクリスマスディナーショーが予定されていますが、いずれもまだチケットが売れ残っている状態。熱愛を認めてしまうと、ファン離れが進むことも予想されます」(前出・芸能デスク)

今回の報道、ファンにとってはあまり喜ばしくないニュースだったかもしれない。

関連記事(外部サイト)