役者30周年…上川隆也「転機になった仲代達也さんとの出会い」

役者30周年…上川隆也「転機になった仲代達也さんとの出会い」

役者30周年…上川隆也「転機になった仲代達也さんとの出会い」の画像

「今回は法律の盲点、仕組みやからくりを2時間で理解してもらうことがテーマになっています。ラストに横溝正史シリーズのような、謎解きクライマックスシーンがあるんですが、そこも見どころの1つになっていると思います」

そう語るのは、シリーズ4作目となるスペシャルドラマ『検事・佐方〜裁きを望む〜』(テレビ朝日系・12月26日21時〜)で、佐方貞人を演じている上川隆也(54)。今作は資産家の家で腕時計を盗んだ男が起訴事実を認めていたにもかかわらず、公判で一変して無実を主張し、事態が激変していく。

「佐方は不器用なまでに法に愚直な男で、たとえ自分が危ない橋を渡ることになろうともまっすぐに真実に向き合う姿に、男としていとおしささえ感じています」

今年、役者になって30年を迎えた上川。意外にも当初は「面白いからやっている」もので生業にしようという自覚はなかったそう。

「役者を続けてこられたのは、29歳のときにドラマ『大地の子』の主役という大役をいただき、仲代達矢さんと出会ったおかげです。仲代さんにいただいた、役者を続けていくのなら役柄は差が出るように選んだほうがいい、とのアドバイスは大事にしながら役柄と向き合っていますし、その言葉が今でも僕の背中を押してくれています」

54歳となった現在も、ドラマや舞台に精力的に取り組む上川に体力づくりについて尋ねると。

「ジムには会費を払うばかりで全然通えていないんです。運動といえば愛犬ノワールの日々の散歩だけ。小1時間ほど歩くんですが、彼女がいなければ僕は運動不足になってしまうでしょう(苦笑)」

しつけが行き届き、無駄ぼえは一切しないノワールちゃんはドラマの撮影現場にも訪れ、癒してくれるという。役者・上川の生活を支える大切な存在でもあるのだ。

「彼女は家族の一員です。旅行に行くときも一緒で、離れがたい存在です。10歳になりますが、大病もせず、健康でいてくれて感謝しています。これからも時間の許す限り一緒にいたいと思います」

関連記事(外部サイト)