岡田准一が感謝のプレゼント 宮崎あおい誕生日に思い出の店へ

岡田准一が感謝のプレゼント 宮崎あおい誕生日に思い出の店へ

岡田准一が感謝のプレゼント 宮崎あおい誕生日に思い出の店への画像

うららかな陽気に恵まれた11月30日のお昼ごろ。都内のとある駐車場に1台の車が止まった。中から出てきたのは、2つの人影。宮崎あおい(34)と、岡田准一(39)の夫婦。実はこの日、宮崎にとって34歳の誕生日だったのだ。

’17年12月に結婚を発表してから、2度目となるバースデー。広尾方面に徒歩でランチデートに向かった2人が戻ってきたのは、2時間後のことだった。岡田の手には、水色の小さな紙袋が。食事だけでなく、プレゼントも準備して妻の誕生日を祝ったようだ。

「宮崎さんは昨年10月に長男出産を発表しましたが、すぐに仕事復帰。育児と仕事を両立させてきたのです。そして5月ごろには念願の新居が完成し、引っ越しの準備にも奔走していました。そんな大変な1年を頑張ってくれた妻へ、岡田さんは感謝の意味を込めて夫婦水いらずのランチを準備したようです」(芸能関係者)

食事を終えた夫妻はこの後、都内のあるマンションへと向かった。宮崎は1人で中に入ると、すぐに戻ってくる。彼女の腕には長男の姿が。デート前に、母親に預けていたのだろう。

さらに、岡田が宮崎のために用意したバースデープランはこれだけではなかった。この後に長男も連れて訪れたのは、六本木にあるインテリアショップ。おしゃれな家具から文房具までそろうお店だが、夫妻にとっては“思い出の場所”だった。

「岡田さんと宮崎さんは結婚前にもこのお店を訪れているんです。一昨年の夏ごろ、新婚生活の準備のために2人で家具を選びに来ていました。今回も、家族3人で新居に引っ越してから半年くらいのタイミングです。結婚前のデートを思い出しながら、このお店に再びショッピングに来たのでしょう」(前出・芸能関係者)

子どもを抱いた宮崎は、岡田と並んで家具やインテリアを見て回る。だが、残念ながらお目当ての家具には巡り合えなかったよう。それでも岡田は宮崎を誘い、ステーショナリーコーナーへ。そして、ささやかな誕生日記念の文具を購入した。

2年前は2人だったが、今は小さな家族が増えた。そうした変化をかみしめながら、宮崎はうれしそうにプレゼントを受け取っていた――。

関連記事(外部サイト)