十二国記の新聞広告が話題 コンプファン続出、メルカリ転売も

十二国記の新聞広告が話題 コンプファン続出、メルカリ転売も

十二国記の新聞広告が話題 コンプファン続出、メルカリ転売もの画像

12月12日の朝日新聞朝刊に掲載された、小説『十二国記』シリーズ(新潮社)の全面広告がSNSで話題だ。

『十二国記』は小野不由美によるファンタジー小説で、2019年10月12日に18年ぶりとなる書下ろし長編小説が発売された。シリーズ発行部数は累計で1,200万を突破。2019年12月4日には、Yahoo!検索大賞2019の【小説部門賞】を受賞した。

今回の広告は、作品名にちなんで12月12日を『十二国記の日』として盛り上げ続けたファンへの感謝として企画されたもの。『十二国記』公式Twitterアカウントは《この新聞広告は、『「十二国記」の日』の名付け親であり、長年にわたり作品を支え続けてくださる皆様への感謝のしるしです》と説明している。

誌面の内容は、新聞の販売地域によって4種類展開。それぞれに作中の主要人物のイラストと、ファンの感想が掲載されている。これに対し、Twitterでは「すべて集めたい」という声が続出。

《朝日新聞、号外全部ゲット!「十二国記の日」満喫しております》
《今朝の朝日新聞朝刊、出かけるついでに駅のキオスクで買った。店員さんが「あらあら今日は何だかいつも買わない人が買うわね〜」と目を丸くしていた。 今日限りの十二国記特需です》
《朝日新聞の朝刊、各地域の欲しい。 十二国記の全面広告載っているらしいから! どなたか、譲って下さいませんか?》

フリマアプリ『メルカリ』には、該当誌面が100件ほど出品。一部300円〜500円程度で取引されるなど、社会現象のようになっている。

関連記事(外部サイト)