ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅの芸名が話題 きゃりーも即ライバル視

ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅの芸名が話題 きゃりーも即ライバル視

ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅの芸名が話題 きゃりーも即ライバル視の画像

お笑いタレント・村上ショージ(64)の長女・ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅ(29)が12月19日、吉本興業の俳優班に所属したと発表した。デビュー作品は、園子温監督が手掛けるNetflixオリジナル映画『愛なき森で叫べ』になるという。

ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅは同日にTwitterを更新し、宣材写真を投稿。《よしもとクリエイティブ・エージェンシー 俳優班所属となりました。女優の卵です》と報告した。さらに《10月に撮影した立派な女優の宣材写真です。この女優はきっと素晴らしいギエンをしますよ!》と続け、《大阪生まれ、浪速・尼崎育ち・LA好きの中二病がモロにでたモロ写真となりました》とつづった。

ぬゅぬゅゅゆゅゅゅゅゅといえば、12年に「バターぬりえ」の芸名でデビュー。13年には『あらびき団』(TBS系)の賞レース「あら-1グランプリ」で初代チャンピオンに輝いた。16年2月放送の『ナカイの窓 パパと娘SP第2弾』(日本テレビ系)では、父・村上と親子コントを披露したこともあった。

しかし、18年3月に現芸名へ改名。同年12月には芸人を辞め、文化人・芸術家・役者として活動すると発表していた。

そんななか、ネット上では彼女の芸名に“ツッコミ”が続出している。

《字面をみて混乱してる》
《読みづれぇぇぇえぇぇぇえ。。。》
《なんて読むねん笑》

また、きゃりーぱみゅぱみゅ(26)もTwitterを更新。《名前のインパクトライバル現る》とし、ぬゅぬのスクリーンショットを投稿した。

実は「きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ」が正式名のきゃりー。ファンからは《負けたらアカン》や《きゃりーちゃんの正式名称はもっと凄いので大丈夫です》といったフォローが続々と上がっている。

いつか対面する機会は訪れるのだろうか!?

関連記事(外部サイト)