浜崎あゆみ 臨月ケア同伴していた“パパ本命バックダンサー”

【浜崎あゆみが第1子出産】パパ本命はバックダンサーか 昨年は松浦勝人氏との小説も

記事まとめ

  • 浜崎あゆみが第1子出産を報告し、突然の極秘出産報告に驚きの声が上がっている
  • あゆは昨年11月に臨月らしき姿が目撃されており、この時にいたダンサーが父親"本命"か
  • あゆは昨年8月にはavex代表取締役会長CEO・松浦勝人氏との大恋愛を小説として発売

浜崎あゆみ 臨月ケア同伴していた“パパ本命バックダンサー”

浜崎あゆみ 臨月ケア同伴していた“パパ本命バックダンサー”

浜崎あゆみ 臨月ケア同伴していた“パパ本命バックダンサー”の画像

《私、昨年末に天使を産みママになりました》

公式ファンクラブのサイトで、第1子を出産したことを明かしたのは歌手・浜崎あゆみ(41)。

「男児を出産したのは’19年11月で、お相手は年下の男性と報じられています。これまでオーストラリア人俳優に医学部に通うアメリカ人と、2度の結婚・離婚を経験した彼女ですが、音楽業界でも妊娠したという情報は流れておらず、突然の極秘出産報告に関係者たちも驚いています」(芸能関係者)

昨年8月には、エイベックス代表取締役会長CEO・松浦勝人氏(55)との20年前の大恋愛を描いた自伝的小説『M 愛すべき人がいて』も発売され、話題になったことも記憶に新しい。この『M』には、20歳当時の彼女の出産への強い思いも描かれている。

《もちろん、歌手としてデビューしたばかりで、結婚をして子供を産み、育てることなんか、簡単にはできるはずもないことも私は知っている。でも、もし、いつか許される日が来たら、私は、マサと私の子供のためだけに歌う母になりたい》

松浦氏とは交際1年半ほどで破局し、“出産への渇望”もずっと封印してきた浜崎。

「『M』出版にあたっては、ノンフィクション作家の小松成美氏が事前に浜崎をインタビューしたそうです。小松氏に当時の気持ちを語っているうちに、“母になりたい”という気持ちもよみがえってきたのでしょうか」(音楽関係者)

実は出産時期と報じられている昨年11月、本誌は西麻布にある高級エステ店に通う浜崎の姿を目撃している。臨月を迎えていたためか、ゆったりとした服に身を包み、おなかをいたわるように歩く姿が印象的だった。このエステ店は妊婦も施術を受けられることも特徴の一つになっている。

「妊娠中は足がむくみやすいので、足の施術には時間をかけています。またおなかを揺らさないように、体を優しいタッチでマッサージしており、妊娠中のだるさを和らげるようにしています」(エステ店のスタッフ)

そして臨月の彼女に寄り添うようにして、いっしょにエステ店を訪れたのはバックダンサーを務めているX氏(20)だった。

「『FRIDAY』が’19年7月に、手をつないで歩く浜崎とX氏のツーショットを報じています。浜崎は彼女が産んだ“天使”の父親の詳細は明かしていませんが、恋人であるX氏が“本命”とされています」(前出・音楽関係者)

妊娠中のケアにも同行していたX氏。音楽活動と育児に多忙となる浜崎のため、“天使のパパ”としての奮闘も期待されているに違いない。

「女性自身」2020年1月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)