板東英二2億円要求が怖すぎと物議…「水ダウ」に疑問の声も

板東英二2億円要求が怖すぎと物議…「水ダウ」に疑問の声も

板東英二2億円要求が怖すぎと物議…「水ダウ」に疑問の声もの画像

タレントの板東英二(79)が1月22日放送の『水曜のダウンタウン』(TBS系)に出演。「子供からもらった松ぼっくりを家まで持ち帰らざるを得ない説」の検証ロケを実施した。仕掛人の親子が登場し、子供から受け取った松ぼっくりをどうするかが試された。その際、「厳しさ代表」として登場した彼の言動が物議を醸している。

初めに親子が駆け寄ったところ、板東は母親と握手をして子どもを抱き寄せた。親子は「お礼」にと、子供の宝物である松ぼっくりを板東にプレゼント。しかし板東はロケバスに戻ると、すぐに捨ててしまう。その後も再び親子から写真や握手を求められるも、拒否して立ち去ってしまった。

この段階で、スタッフが板東にロケが偽物だと暴露。「何の番組かわかりますか?」と尋ねられると、坂東は「知りません。ギャラくれたらそれで十分」と言い切る。さらに「なぜ松ぼっくりを捨てたのか」と問われると、「宝物は土に還すことが大事」と持論を述べた。

さらにロケが“ドッキリ”だったことから、坂東は「作り物は映画やドラマでもう十分」とも憤慨。「僕が差別用語や余計なこと言ったら絶対カットするじゃないですか」と熱弁し、スタッフを慄かせた。

最後には「僕がこれから言うことを絶対使い(放送し)ますか?」と、スタッフににじり寄る板東。そして目を見開き、「使わなかったら2億円下さい」と署名まで要求。一連の様子をスタジオで見ていた松本人志(56)は、「あいつヤベーな」と驚いていた。

「板東さんは、昨年6月にも同番組で“ロケに素人が乱入する”というドッキリ企画に出演。その際に本気で怒ってしまい、放送をカットすることになったのです。スタジオで見ていた出演者からは、『これ流していいの?』と驚きの声が上がっていました。そうした経緯から『厳しいとわかっていた板東さんを“いじる”企画にも問題があるのでは?』と疑問の声が上がっています」(テレビ局関係者)

放送後、Twitterでは「板東英二」がトレンド入りするほど視聴者の注目を集めた。

《板東英二怖いな。。こんなだったかな》
《水曜日のダウンタウン見てたけど、板東英二はテレビ向けじゃないな》

いっぽうで、こんな声も上がっている。

《「なぜ捨てた! と言いますけど、あなたも使わない分はカットするでしょ。一方的に『大事にして』と言われてそれ守らないといけないとあなた人に言うのなら、私が『この部分カットせず使ってよ』と言ったらあなたそれ守ってくれますか?」 実は筋が通っていましたね》
《板東英二がやばいことなんて過去の番組とか水曜日のダウンタウンで証明されてる当前の事実だし、1番悪いのはそれを分かってて番組に取り入れようとしてる番組制作会社》

関連記事(外部サイト)