SKE48松井珠理奈 卒業後の進路は?プロレス業界からも熱視線

SKE48松井珠理奈 卒業後の進路は?プロレス業界からも熱視線

SKE48松井珠理奈 卒業後の進路は?プロレス業界からも熱視線の画像

SKE48の松井珠理奈(22)が2月7日、グループから卒業することを発表した。

松井は08年7月、SKE48の1期生として合格。同年10月、わずか11歳で公演デビューを果たした。09年のデビューシングル「強き者よ」から15作連続でセンターをつとめ、18年には「第10回AKB48世界選抜総選挙」で1位に輝いた。

「しかし、総選挙後は体調不良で休養。その後も、休養と復帰を繰り返していました。後輩メンバーたちの成長もあり、ここ1〜2年は『そろそろ卒業発表があるのでは』と言われていました」(芸能記者)

公演終了後、動画配信サービス・SHOWROOMに生出演。9月26日と27日に愛知・名古屋市の日本ガイシホールで卒業コンサートを行い、SKEの12周年記念公演となる10月5日が劇場最終公演になることを報告した。

今後は女優業が中心になりそうだが、芸能界以外の業界も熱視線を注いでいるという。

「17年放送のAKB48グループのメンバーたちがプロレスに挑戦したドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)、そしてドラマを元にした興行で松井は大活躍しました。もともと新日本プロレスのファンでもあったことから、リング上でのパフォーマンスは光るものがあります。そのため、大手の団体関係者が『うちにあげてみたい』と注目していますね」(プロレスライター)

卒業後、活動の幅が広がるかもしれない。

関連記事(外部サイト)