ポン・ジュノ監督絶賛も…「寝ても覚めても」放映決定に賛否

ポン・ジュノ監督絶賛も…「寝ても覚めても」放映決定に賛否

ポン・ジュノ監督絶賛も…「寝ても覚めても」放映決定に賛否の画像

東出昌大(32)と唐田えりか(22)の出演する映画「寝ても覚めても」がWOWOWで2月19日に放送されると、各メディアが報道。ネットが沸いている。

「寝ても覚めても」は柴崎友香(46)の同名小説を原作にした、濱口竜介監督(41)の商業デビュー作。同作で東出と唐田は、運命的な恋に落ちる男女を演じた。しかし第71回カンヌ国際映画祭で東出が唐田の腰に手を回していたこと、そして親密すぎるエピソードなどが不倫騒動をキッカケに話題となっていた。

Twitterでは《この流れの中で放送されたら、それはそれでまた叩かれそうな、火に油が注がれそうな気もしたりして》《杏さんが可愛そうで心が痛む》と放映に複雑な気持ちを明かす声が。いっぽうで、作品のファンからはこんな声が上がっている。

《『寝ても覚めても』は最初から最後まで強い映画。好き過ぎ》
《まだ観たことのない方は是非。力の入った作品です》

批評家からの評価も高い「寝ても覚めても」。現地時間の9日に行われた第92回アカデミー賞で、「パラサイト 半地下の家族」が作品賞を受賞したポン・ジュノ監督(50)もファンの1人だ。

「ポン・ジュノ監督は『寝ても覚めても』を19年に観た映画のベストテンに選出するほど絶賛。激しい展開はないのに、緊張感や不安感が伝わることに驚いたといいます。もともと同作は原作の非日常的なテーマに惹かれ、濱口監督が映画化を熱望していたもの。何度も感情なく本読みをするワークショップも行い、自然な演技を引き出したそうです。そうした甲斐もあり、カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に出品。さらに20ヵ国で上映されるなど、濱口監督の名を世界に知らしめた作品です」(映画関係者)

思わぬ形で注目を集めることとなった「寝ても覚めても」。しかし作品の素晴らしさは変わらないだろう。

関連記事(外部サイト)