鈴木杏樹を4千円ラブホへ…喜多村緑郎の家賃1万円苦節半生

鈴木杏樹を4千円ラブホへ…喜多村緑郎の家賃1万円苦節半生

鈴木杏樹を4千円ラブホへ…喜多村緑郎の家賃1万円苦節半生の画像

2月6日発売の『週刊文春』が報じた鈴木杏樹(50)の不倫愛。彼女が「4千円ラブホ」でデートした不倫相手・喜多村緑郎(51)は、国立劇場歌舞伎俳優研修所出身の苦労人だった。

「研修生時代は家賃1万円のアパートに住み、水道を止められ、公園で体を洗ったことも。主食は国立劇場の食堂の200円の定食で、白米に塩やソース、醤油をかけて食べていたそうです。30歳を過ぎて、ようやく食べられるようになったと安堵していました」(舞台関係者)

いっぽう、22歳で女優デビューし、ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)でブレイクした鈴木は、CM14本に出演してCM女王に輝くほど、一躍超売れっ子に。

「杏樹さんは高校時代にスカウトされ、イギリス留学して歌手デビューするなど、華やかな人生を送っていました。ですから、海岸にシートを広げてコンビニで買った軽食を食べたり、4千円のラブホで過ごしたりすることが逆に新鮮に映ったんでしょう」(前出・舞台関係者)

この関係者によれば、喜多村は近年、夫婦仲に溝ができていたという。

「確かに2〜3年前から喜多村さんの結婚生活はうまくいっていないと聞いています。聞けば、奥さんは実家に戻って自宅に帰ってこないことも多かったそうです。彼も杏樹さんと親密になるなかで身勝手に“違う人生”を思い描いていたのかもしれません」

杏樹をよく知る仕事関係者も、こう証言する。

「7年前に旦那さんと死別してしばらくしてから『自分の今後の人生を、ようやく考えられるようになった』と話していたことがありました。『このまま、今後私1人で生きていくのかな?』と淋しさを感じることも多くなっていたようです」

夫婦問題研究家・岡野あつこさんは言う。

「死別の場合、再婚せず、いい思い出を残して独り身で過ごす人は多いです。次の恋愛に移るとしても死別から5年以上はかかるのが一般的ですね」

岡野さんは「不倫は絶対に許されないこと」と断じる一方で「死別した女性は恋愛に疑いを持ちにくい」とも説明する。

「離婚と違って男性の“ネガティブな部分”を見ていないので、男性を信じやすく騙されやすい面があります。だから不倫男の常套句『妻とうまくいっていない』、『もうすぐ離婚する』といった言葉も信じやすい傾向があるんです」

彼女の50歳という年齢も大きく関係しているのではという。

「40代ではまだ感じなかった“衰えていく自分”を意識する年齢なんですね。自分の中で人生の焦りを感じて“女性としてこのまま誰とも付き合わず、人生を終えるのか”と考えてしまうんです。『もう一度、恋を……』という心境になったのかもしれません」

悩む2人が出会い、禁断の恋にのめり込んでいったのか……。

「女性自身」2020年2月25日号 掲載

関連記事(外部サイト)