星野源の音楽はなぜSNSで広がるのか?震災時も安らぎ届けた

星野源の音楽はなぜSNSで広がるのか?震災時も安らぎ届けた

星野源の音楽はなぜSNSで広がるのか?震災時も安らぎ届けたの画像

シンガーソングライターの星野源(39)が4月3日にインスタグラムで公開した新曲『うちで踊ろう』の弾き語りに、注目が集まっている。

《家でじっとしていたらこんな曲ができました》と切り出した星野は歌詞と共に《誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?》と呼びかけた。

すると同日、歌手の三浦大知(32)が星野の動画に歌声と振り付けを重ねてインスタグラムに投稿。5日には女優の高畑充希(28)も《おうちが楽しくなるね》と星野との“デュエット”動画を公開した。

“うちで踊ろう”は瞬く間に広がり、石田ゆり子(50)や吉田羊(年齢非公表)といった女優たちも参戦。さらに様々な方向性に進化しているのだ。

6日に芸人のゆりやんレトリィバァ(29)は、米国の公開オーディションに出場した水着姿で楽曲に合わせたダンスを披露。いっぽうシンガーソングライターの岡崎体育(30)はトライアングルを持って、星野とのコラボ動画をTwitterに公開。だが最後まで音を鳴らさなかったため、《鳴らさんのかーい!!》《うわっ! 天才! 笑》などツッコミが寄せられた。

このような星野の発信力は、過去にも人々の心を和ませていた。

「星野さんは11年の東日本大震災が起きた直後、サカナクションの山口一郎さん(39)に連絡を取りました。被災者や不安を感じている人々に少しでも安らいでもらうため、2人でUstream配信を始めたのです。また今年2月中旬からNTTドコモのCMで起用された楽曲『未来』は、震災の2日後に生み出した作品。先が見えないなか、『自分の職業は必要なのか』と葛藤しながら作ったといいます。星野さんは明るい未来を信じながらも、不安を抱える人々の気持ちに寄り添える。だからこそ、共感者も多いのでしょう」(音楽関係者)

そんな星野を讃える声が寄せられている。

《こういう素晴らしい企画を思いつくのはやっぱり星野源なんだよなぁ》
《源さんの優しい歌詞と歌声を公開されてから数え切れないほど聴いてきたけど、沢山の人の重なりに楽しくて泣けてくる。今の心の支え》
《星野源さんの取り組みでますます音楽が好きになる。音楽って素晴らしいよね。心に寄り添ったり負担を軽くしてくれたり》
《星野源の「うちで踊ろう」のみんなの動画見てたら元気出た 笑顔の連鎖、歌の力だね》

関連記事(外部サイト)